競艇の予想屋は当たる?情報の買い方から祝儀について完全網羅

投稿日:2018年11月13日
最終更新日:
競艇 予想屋

競艇の予想屋というと、メディアやインターネットで予想を公開しているプロの予想屋や、素人ながらもSNSを駆使して予想を公開しているセミプロと呼べる予想屋がいます。しかし今回の記事ではそれらの予想屋ではなく、実際にボートレース場に存在している競艇の予想屋に焦点をあてて解説していきます。

気になる競艇の予想屋のすべてを徹底解剖!

ボートレース場(競艇場)に足を運んだ方ならご存知だと思いますが、各会場には必ずと言っていいほど予想屋と呼ばれる競艇の予想を人に売ることを商売にしている人たちがいます。これは競艇だけではなく競馬や競輪にも同様に会場に予想屋が複数います。競艇の予想屋の正式名称はボートレースアドバイザーです。今回はこのボートレースアドバイザーに関してのすべてを徹底的に調査して記事にしてまとめていますのでご参照下さい。

競艇場にいる予想屋は許可制

予想屋は許可制

競艇の予想屋は各会場の許可を得て予想を販売しています。そもそも競艇が始まった頃に予想屋という存在はありませんでした。しかし時代が進むに連れて自分の予想を他人に販売するという予想行為が始まり、予想屋の数も増える一方となります。このことを危惧した主催者側が、予想屋の健全化と実態を把握する為に許可制に踏み切った経緯があります。
しかし、主催者側も公営ギャンブルである競艇で予想屋という存在がいるのは好ましく思っていません。そのことも踏まえ新規で許可が下りる事はなく、従来の予想屋だけが許可を貰い営業を続けている状況となっています。ただし、中にはボートレース平和島のように予想屋の地図を配布するなど協力的な競艇場も存在します。

無許可で悪質な予想屋に要注意

無許可で悪質な予想屋

昨今では各ボートレース会場が競艇の健全化を目標に、様々な地域密着型のイベントなどを実施し、家族連れやカップルでも来場しやすいようなサービス向上やイメージアップに頑張っています。健全化が進む中で、無許可の予想屋は数を減らしていきましたが、わずかですが未だに存在するという話も聞きます。無許可の予想屋はどちらかというと詐欺に近い方法で高額な予想を買わせようとしてきます。業界関係者、インサイダー情報、八百長試合などの単語を用いて予想を購入させようとしてきますので要注意です。高額配当などが当たった後の気が緩んでいる瞬間を狙ってきたりしますので、怪しい人物がいたら会場の人にすぐに報告するようにしましょう。

コーチ屋にも要注意

コーチ屋

無許可で予想を売る悪質な予想屋の中にコーチ屋と呼ばれる予想屋も存在します。コーチ屋の手法とは、ボートレース場内外にいる客に見せ金を見せて儲かっている体を装い興味を持った客に舟券の買い目を教えます。買い目を教えた後はそのコーチ屋は客をぴったりマークしていて、その買い目が当たった場合に配当金からコーチ料を要求するのです。ハズレた場合は知らんぷりを決め込み、もしバッタリ会ってしまった場合でも購入は自己責任などと言ってとぼけます。知らない人からそのような話を持ちかけられたら無視をして会場の人に報告するようにしましょう。

許可制の予想屋の情報の買い方や値段は?

予想屋の情報の買い方や値段

競艇の予想屋の情報(予想)の買い方についてご説明します。予想屋は各レースの展開やボートレーサー同士の関係などを基にその予想に至った理論を聞いている人全員に公開して話します。その話を聞いて納得した場合は、1レースにつき100円を支払って最終的な買い目を購入します。その話に納得がいかなかった場合はお金を支払わずにスっと立ち去るだけで構いません。ただしその場合はその予想屋の買い目を知る事はできません。
展開に納得して予想が買いたいと思った場合は、100円を予想屋に渡すと予想結果が書かれた小さな紙をくれます。
1レースの予想の価格は共通で100円で、これは全国どこのボートレース場の予想屋で購入しても変わりません。恐らく暗黙の了解で決められているものだと思います。
ただ、全レースまとめ買いの場合は600円と割安になったり、まとめ買いしか受け付けていない予想屋もいます。

予想屋に渡す祝儀は情報代とは別?

許可を受けている予想屋の収入は1レース100円の予想を売る事だけではありません。実は的中したお客さんからのご祝儀と呼ばれるものが売上の大半を占めています。予想が的中した場合の祝儀は強制のルールではなく、あくまで購入者の善意となります。その為に、祝儀を必ずあげる必要はなくまた金額もまちまちです。祝儀を渡したい場合は当たった額に応じて渡すのが良いでしょう。
また各ボートレース場に予想屋は複数存在します。どの予想屋の予想を買うか迷った場合は、レース終了後に予想屋を見て人が集まって祝儀を渡している予想屋に注目してみましょう。その予想屋は予想を当てたという事になるので、信頼度はだいぶ上がりますよね。

予想屋の予想は当たるのか?

競艇の予想屋は年中無休で予想をし続けている

ボートレース(競艇)は365日全国24か所のどこかの競艇場で必ずレースがあります。だからこそ競艇の予想屋は年中無休で予想をし続けているといっても過言ではありません。予想が当たることでご祝儀がもらえ次の予想の情報も買ってもらえ人だかりも増えと良いことづくめになります。プロの予想家として予想の的中率を良くしていかなくてはお客さんも離れてしまいます。ただし、予想屋といえど調子の良い時や悪い時があります。素人よりは予想の的中率は良くなるでしょうけれど、完全にアテにするほどの的中率ではないといったところでしょうか。予想は100%ではありません。当たるも八卦、当たらぬも八卦の心持ちでいましょう。

予想屋の上手な活用方法

予想屋の上手な活用方法

競艇の予想屋の予想を購入する人は大きく3つに分けることができます。

●右も左も分からない競艇初心者
●負け続けて他人の予想に乗っかりたい人
●自分の予想と照らし合わせる人

上記のパターンに応じた予想屋の上手な活用方法をまとめていきます。

もし予想屋の予想をアテにしたいのであれば、各会場に多数いる予想屋の中でその日調子が良い予想屋を選ぶのが良いでしょう。調子の良い予想屋は人だかりが出来ているので、すぐに分かります。

競艇初心者の予想屋の活用方法

ボートレース(競艇)は知れば知るほど奥が深い公営ギャンブルです。インコースが強いというモータースポーツである点、各競艇場の波の状態やコースの勝率、その節の強いモーター、レーサーの実績やレーサー同士の関係性、など情報を調べれば調べるほど予想をするのが困難になってきます。競艇初心者は素直に予想屋の予想や、新聞の予想に乗っかってみて、最初は少額で舟券を買って覚えていくのが良いかもしれません。

負け続けて他人の予想に乗っかりたい人

公営ギャンブルは勝つこともあれば負けることもあります。自分で予想を組み立てて舟券が的中した時の快感はとても素晴らしいですが、予想が負け続けてしまうこともあります。そんな時に毎日競艇を予想しているプロの予想屋さんの予想に乗っかってみるのも一つの手です。自分とは違う予想内容だとしたら勉強になりますし、組み立て方の話も聞けます。自分自身の負けの流れを変える為に予想屋を活用するのもアリですね。

自分の予想と照らし合わせる活用法

予想屋の使い方で一番オススメなのが、自分の予想と照らし合わせる活用法です。自分でまずそのレースを予想してみてから、予想屋の予想を見ることで、自分の予想との相違を照らし合わせて考えることができます。似た予想になっていれば問題なく舟券を購入できますし、全く違う予想の場合は自分の予想を再考することができます。ただ、デメリットとしては結果的に自分の予想が正しいのに、予想屋の予想を見たことで違う予想をしてしまうことがあります。また、予想屋の予想を見たことで逆に判断に迷ってしまい買い目の点数が多くなってしまう場合があります。舟券の購入は自己責任なので、そのあたりの取捨選択の判断は難しいところですが、照らし合わせた上でどうするかも考えた上で予想屋を活用していきましょう。

まとめ

競艇の予想屋

ボートレース場に初めて訪れた人は、あちこちに予想屋さんが立っていてその周りに人だかりが出来ている光景にカルチャーショックを受ける事が多いです。昔の少し薄暗い雰囲気の会場では予想屋がいる雰囲気がピッタリマッチしていましたが、最近は建て替えなどで建物がキレイに新しくなっています。その中で昔ながらの予想屋さんが複数いるのはちょっと面白い光景と言えます。今ではボートレース場の名物となっていますので、会場を訪れた際は記念に予想を買ってみるのも良いかもしれないですね。1レース100円とリーズナブルで良心的な値段ですし、実際に予想をピタリと当てる予想屋さんも多いです。特に競艇初心者の人は話を聞くだけでも予想の組み立て方などが理解できるのでとても勉強になります。競艇中級者やベテランの方も参考になると思いますので、予想屋を上手に活用して競艇ライフを楽しんでみてくださいね。