競艇の控除率と還元率の関係性とは?回収率を上げる3つの常識!

投稿日:2019年6月20日
最終更新日:
競艇 控除率

競艇の控除率が約25%で還元率が約75%というのをご存知でしょうか?競艇に限らず日本の公営ギャンブルのほとんどが「パリミュチュエル方式」という方法で配当を決めています。投票された売上を一旦まとめて、その中から控除率を引いた分を還元率として的中した人に分配するというシステムとなっています。

胴元が「テラ銭」を徴収しそれで運営などを行っていますが、この「テラ銭」が控除率のことになります。公営ギャンブルではその割合が異なり、例えば競馬だと還元率は70%から80%になっています。運営サイドは必ず儲けが出る仕組みになっています。

実際に投票された金額よりも必ず分配される配当金は少なくなるので、競艇を含む公営ギャンブルで勝ち続けるのは簡単なことではないのです。今回はこの控除率や還元率についてご説明していきます。またオッズの決め方や回収率を上げるために知っておきたい3つの常識もまとめています!少しでも競艇で勝つために必要な情報なので必見です!

競艇の控除率と還元率について

競艇 控除率 還元率

上記でも軽く説明しましたが、日本の公営ギャンブルのほとんどが「パリミュチュエル方式」というシステムでオッズを決定し、配当金を分配しています。「パリミュチュエル方式」とはレースごとに投票されたお金を一旦一まとめにします。その金額を「テラ銭」として約25%引きます。これが「控除率」と言われ、運営している側がこのお金を使ってレースなどを主催してきます。残った約75%の分が「還元率」とされ的中した人たちに分配されます。

簡単に言えばレースで投票が10万円あったとすれば2万5千円をテラ銭として引いて残りの7万5千円を的中した人達ぶ分配されます。的中した人が3人しかいなかった場合一人当たり2万5千円払い戻されるという仕組みになっています。この「パリミュチュエル方式」を理解した上で舟券を購入する必要があります。

テラ銭の使われ分配について

25%の控除された分の「テラ銭」は一体どのように分配されているのか?開催の経費だけではなく、財団などにも分配されていきます。その割合がコチラ。

・船舶等振興機(日本財団):2.6%
・地方公共団体金融機構:1.0%
・委託費(運営費):1.3%
・開催経費/収益:20.1%

合わせて約25%となっています。レース会場で働いている人や選手の賞金なども投票した人たちのお金で成り立っています。これは競艇だからこの分配になっており他の公営ギャンブルでは分配が異なります。

その他公営ギャンブルの控除率と還元率について

競艇は約25%の控除率と約75%の還元率の割合になっていますが、ギャンブルによっての分配は異なります。賭ける側からすると還元率が多い方が嬉しいですよね。それでは他の公営ギャンブルの割合をご紹介してきます。

・オンラインカジノ:93~98%
・パチンコ、パチスロ:80~85%
・競馬:70~80%
・競艇:75%
・競輪:75%
・オートレース:70%
・宝くじ:46%

となっています。競艇や競輪はどんな買い方でも一定ですが、競馬は買い方で還元率も異なります。ばらつきがあるのはそのためです。還元率が低くなるのは「各官庁利権」が絡んでいることが原因となります。元々ギャンブルは税金を徴収するための役割もあります。国が管理することでお金を定期的に徴収しているのです。そのため各官庁との関係が根強くあり、還元率の低さに繋がっています。

競馬の還元率のバラつきについて

競馬 還元率 バラツキ
競艇とは関係ないですが、競馬は買い方によって還元率が異なります。例えば単勝では80%ですが、3連単では72.5%となっています。それぞれの買い方で還元率が異なり、その還元率に沿ってオッズや配当金が決まっています。

・単勝:80%
・複勝:80%
・枠連:77.5%
・馬連:77.5%
・ワイド:77.5%
・馬単:75%
・3連複:75&
・3連単:72.5%
・WIN5:70%

3連複は3連単よりも6倍当たりやすく、6倍の金額をかければ大体同じく位の払い戻しになるはずですが、微妙に金額が合わないのはこの還元率が影響していたためです。競艇はどの買い方でも一定ですが競馬はここまで差があります。

オッズの決め方

オッズの決め方
還元率によって的中した人に払い戻される金額が決まりますが、オッズはどのように決めているのでしょうか?具体的な例でご説明します。

1号艇:5000円
2号艇:3000円
3号艇:1000円
4号艇:500円
5号艇:400円
6号艇:100円
以上のように舟券が購入されたとすると総額は10000円になります。そこから控除率の25%を引くと7500円になります。この7500円を賭けられた金額で割り、計算で出た答えがオッズになります。1号艇で計算すると7500円割る5000円なのでオッズは1.5倍になります。他の号艇も計算すると…

1号艇:5000円:1.5倍
2号艇:3000円:2.5倍
3号艇:1000円:7.5倍
4号艇:500円:15倍
5号艇:400円:18.75倍
6号艇:100円:75倍
となります。勝つと予想され金額が多く賭けられた艇は人気が高いとされ、多くの人に分配するのでオッズも低くなります。逆に来ないと予想され賭けられた金額が少ない、分配する人が少ないと高額の配当になります。上の例での6号艇は賭けた人が一人しかいないので還元率の75%となる7500円を一人占めしていることになります。

舟券の平均的な払戻金

オッズの決め方は分かったと思いますが、ではどれくらいの払戻金になるのか買い方ごとに平均をご紹介します。

・単勝(1/6):500円
・複勝(1/3):200円
・2連複(1/15):800円
・2連単(1/30):1900円
・3連複(1/20):1200円
・3連単(1/120):7300円
・拡連複(3/15):350円

となっています。あくまで平均なのでレースごとに払戻金は異なりますが、購入する時の参考にしてみてください。

回収率を上げるために知っておくべき3つのこと!

控除率と還元率について基本的な情報をご紹介してきましたが、さらに競艇をする上で知っておきたいことを3つに分けてご紹介します。控除率を理解した上で回収率を上げるために必要なことをまとめています!

①平均的に的中しても回収率が75%にしかならない

平均的に的中しても回収率が75%にしかならない
●平均的に当てても稼げない

例えば当たる確率が1/2のレースがあったとします。還元率が100%なら片方が50%、もう片方が50%になり100円を賭け続けても計算上では最終的に100円が手元に残ります。しかし75%の還元率では1/2で当たるレースでも片方が37.5%ずつになるので賭け続けるとドンドンお金が減って行ってしまいます。平均的に的中を続けても稼ぐことはできないのです。還元率が100%以下では他の人以上に的中させることが必要になります。

●回収率が75%以下の人は要注意

また回収率が75%以下の人は平均以下になってしまうので、舟券の買い方を改めた方が良いかもしれません。回収率は購入した舟券の金額以上に儲けが出ていれば100%超え、それ以下だと100%以下になります。例えば1万円分購入した場合最終的に1万円以上になっていれば100%超え、7千5百円だった場合75%になります。せめて平均の75%以下にならない様にすることはかなり大切なことです。それが難しいのですが…。

②オッズに注目して舟券を買う

オッズに注目して舟券を買う
●オッズをしっかり見る

オッズをしっかりと見ることが重要になります。例えば10回に1回当たるような舟券のオッズが10倍を下回っていれば買うメリットが全くありません。逆に100回に1回しか当たらなくてもオッズが100倍以上になっていれば買うメリットが出てきます。この見極めが競艇の上手さにもなります。長い目でみてメリットがあると判断したレースだけに絞って予想することが重要です。

●オッズのズレを見逃さない

「え?この選手が1号艇なのにこんなに倍率が高いの!?」なんてレースもたまにありますよね?全ての公営ギャンブルに言えますがオッズは必ずしも正確なものではありません。選手の評価を正しく行えていない場合があります。それは良い時も悪い時もあります。この時に起こるオッズのズレをうまく利用すると回収率を上げることができます。的中率も大切ですが、回収率にも注目して舟券を買うことが重要になります。

③買うレースを見極める

買うレースを見極める
●的中した時に回収率が高いレースなのか?

どれだけ自信があるレースでもオッズが低く払い戻しが少なくなりそうなレースは「買わない」と決める決断も時には必要かもしれません。10回中9回当たったとしても配当が少なくては意味がありません。1回ハズレて回収率が落ちるようなレースではなかなか勝ち続けることは難しいですね。リスクを考えた舟券の購入をするべきですね。

●穴狙いだけでは難しい

では当たった時に高い配当になるようなレースに賭けることが必要になるのか?答えはNoですね。競艇をやる上でオススメされている買い方は3連単なのですが、その理由は配当が高いことも一つです。さらに購入する点数を少なく高い配当を当てることが重要になります。穴狙いも良いですが、自信があるレースに少ない点数で3連単を当てることが必要になります。この点数を絞ることも”競艇がうまい”ということに繋がります。

まとめ

今回は控除率と還元率やオッズ、そして回収率についてご紹介しました。普段何気なく競艇を楽しんでいる人も、今から競艇を始めるという方も控除率と還元率の仕組みを理解し、回収率のアップになれば嬉しいです。

ただ的中させるだけではなかなか勝つことが難しいのが競艇です。競艇は他の公営ギャンブルと比べると的中率が高いとされています。だからこそオッズなどにもっとこだわり、レースを見極めて舟券を買う必要があると思います。的中率が70%でも回収率が30%では負けてしまいますからね。逆に的中率が50%でも回収率が100%を超えれるように意識することも時には重要になってきます!