女子競艇界では可愛いさがSG級の深尾巴恵!深尾巴恵の魅力を徹底解析します!

投稿日:2019年8月28日
最終更新日:
競艇 深尾巴恵

皆さんは可愛いとすごい評判の女子競艇選手である深尾巴恵選手を知っていますか?

男性ファンの中で人気投票で4位になった実績あるような可愛い選手です。

今回は、彼女の魅力を徹底的に紹介したと思います。

是非、詳しく知って今後の彼女を応援しましょう。

深尾巴恵 かわいい

女子競艇選手の深尾 巴恵(ふかお ともえ)はどんな人物?

 どんな人物?

女子競艇選手の中でもすごく可愛いと人気の深尾巴恵です。

デビュー当時は人気先行であった感じはあったのだが、毎期少しずつでも勝率を上げてきている点が評価できます。

勝率はやっと3点を超えて、舟券に貢献する機会も最近では増えてきたところです。

まだ課題は多いのだが、着実に技術を磨きながら腕を上げているので、今後は競艇ファンから水面での人気も上がりそうな選手です。

可愛い顔立ちと競艇を真剣に望む姿勢がファンを釘付けにしているようですね。

今回は女子ボートレーサーの深尾巴恵を紹介します。

深尾巴恵のプロフィールを紹介

プロフィール

競艇選手である深尾巴恵にプロフィールを紹介します。

名前は、深尾 巴恵(ふかお ともえ)

登録番号は、4843番で生年月日はH4.9.25生まれの女子競艇選手です。

血液型 B型で、出身地は群馬県になります。

登録期 115期で、級別B1になります。

身長156cm、体重47kgです。

最終学歴は私立新島学園短期大学を出てます。

所属支部は、 群馬で2018年獲得賞金4,915,000円を獲得しています。

生涯獲得賞金 19,932,340円です。

女子競艇で可愛いと噂の深尾巴恵の特徴は?

 深尾巴恵 特徴

上記でも簡単に説明しましたが、深尾巴恵選手は群馬県高崎市の出身の、所属は群馬支部の115期の選手です。

「115期」はかわいい子のいない不作の年で、その中で「一番かわいい」競艇女子が深尾巴恵選手なのは間違いないでしょう。

115期の同期の女子には、森田太陽、前田紗希、前原哉などがおり、みんな仲良しのようです。

同期と映っている写真を見ると、深尾巴恵選手はすごく小柄に見えるが、深尾巴恵選手の身長は156cmなので、競艇選手の中だと別に小柄と言うほどではないでしょう。

ただ周りの女子に比べて顔が小さいのは事実です。

深尾巴恵選手の体重は「47kg」なので、身長から考えると細身です。

だが、出されたモノは何でも平らげてしまうという、実は大食いキャラのようです。

ちなみに、好きな食べ物は、チョコ、コーヒー、飲むヨーグルトのようです。

あと、男子の同期には、関浩哉選手(群馬支部)がおり、どうも深尾巴恵選手は関浩哉選手のことをライバル視しているようです。

関浩哉選手はすでに何度も優出の経験があり、同期の中でも抜けてきている存在なので「ライバル」と互いに意識してるのでは無く、勝手に闘志を燃やしてるんでしょう。

深尾巴恵選手の学生時代はどんな女の子?

競艇選手(ボートレーサー)の「深尾巴恵選手」は、私立新島学園短期大学という群馬県 高崎市昭和町にある私立の短大を卒業しています。

1983年に創設された短大で、同志社大学の創立者である「新島襄」の教育理念を受け継いで作られたという学校です。

私立新島学園短期大学の公式HPを覗いてみると、学部は2つだけで(どちらに所属していたのか分からなかったが)、教育目的は「真理・正義・平和」と掲げてるような短大で学んでいたようです。

深尾巴恵選手の高校時代のことを知りたかったが、高校は「地元の高校」としか情報が無いので、どこに通っていたかは分かりません。

だが学生時代、意外にもスポーツ系の部活に所属していたようで、中学時代はソフトボール部でした。

そして、高校時代はサッカー部に所属していたようです。

一見、バドミントンやテニスといったスポーツをやっていそうな印象を受けるが、まさかの超男子系の球技をやっていたとは驚きですね。

ただ本人曰く、どちらも凄い実績を残したわけではないようで「身体を動かすスポーツ」で、とにかく目一杯運動することが好きだったから選んだとコメントしています。

深尾巴恵選手が女子ボートレーサーを選んだ「きっかけ」は親孝行

深尾巴恵 きっかけ

深尾巴恵選手が、競艇選手になろうとした「きっかけ」は何だったのか?

それは「親孝行したかったから」という風に答えています。

生まれてから「何にもチャレンジできていない」という気持ちがあって、短大卒業する頃は進路に迷っていて、その時に「学歴不問で平均年収1600万円」という、「やまと学校(ボートレーサー養成所)」のテレビの特集を思い出して、ボートレーサーを目指すきっかけになったようです。

たしかにボートレーサーの平均年収は、女性選手とか関係なく一般のサラリーマンより高いです。

しかし、深尾巴恵選手本人も自分で「軽い気持ちで」で受験を決めたが、学校に入ってからは現実を受けとめ、努力したようです。

「やまと学校」でも成績が良くなかったので、卒業できるか不安だったと言うレベルでした。

実際に、当時は同期女子の中で一番昨年の賞金を比べると、深尾巴恵選手の「賞金=成績」は低くなっていました。

ちなみに、深尾巴恵選手の両親がボートレースのファンとか、そういうこともなかったようで、どっちかというと父親は競輪の方が好きだったらしいです。

それで「競輪選手はどうか?」と、言われたことは何度かあったそうだが、深尾巴恵選手が拒否したそうで、もしかすると家族からもそこまで競艇選手という職業に理解が無いのかも?しれませんね。

深尾巴恵選手の成績

深尾巴恵の成績

競艇選手(ボートレーサー)の、深尾巴恵選手がデビューしたのは2014年11月25日です。

「初勝利」はデビューしてから1年1ヶ月後となる2015年12月の大村で、デビューから102走目にして掴んだ初勝利でした。

6コースからまくりを決めたというあたりも、新人らしい1着の獲り方でした。

そして2018年は、デビューしてから3年9ヵ月となり、先述したように現在の勝率は高いとは言えない結果でした。

後輩も増えてきている中、地道ながらに頑張ってはいますが成績はあまり上がっていませんでした。

ちなみに、2017年の深尾巴恵選手の獲得賞金は「5,352,340円」だったので、確かに深尾巴恵選手が競艇選手になろうとした目標の「金額」は満たしているのかもしれません。

同年代の25歳OLに比べれば十分な収入はあります。

だが「競艇」では、これでも同期の女子よりも少し下回る獲得賞金になってしまっています。

深尾巴恵選手の仲間や師匠は?

仲間や師匠

深尾巴恵選手の、競艇の師匠は、群馬支部の本橋克洋(もとはし かつひろ)選手(44)です。

本橋克洋選手はSG出場歴もある選手で、G1を1回優勝したことのある実力選手ですね。

また、深尾巴恵選手は女性ボートレーサーの中では同じ福井支部の「今井美亜選手」に憧れているようです。

憧れの今井美亜選手がヘルメットに「I’m Survivor」という文字を入れているのを見て、深尾巴恵選手もデスティニーズ・チャイルド(ビヨンセ)の「Survivor」という曲が好きなので、真似してヘルメットにその文字を入れたというエピソードもあります。

深尾巴恵選手の「仲が良い人」だと、群馬支部の男先輩達からは日頃から面倒を見てもらってるそうで、バーベキューに誘われたり、誕生日を祝ってもらったり、今は亡き先輩の進藤侑(しんどう たすく)からは、一眼レフを譲ってもらったこともあります。

東スポが行った、女子レーサー100人に行ったアンケートで深尾巴恵選手は「男なら恋人にしたい選手」の4位にランクインしていました。

「かわいい」から深尾巴恵選手は人気を集めています。

かわゆす

どちらかと言うと深尾巴恵選手は後輩と仲良いようで、特に1期下の後輩の「瀧川千依選手」とは瀧川千依選手がデビュー1年目くらいからずっと仲がいいそうで、今では技術も成績も瀧川千依選手の方が上を行ってしまったが、Twitterの写真などでも2人で写っているのが多いですね。

あともう1人仲の良い後輩は、6期後輩の中性的な来田衣織選手です。

来田衣織選手からは「ふかおししょ〜」と呼ばれており尊敬されているらしいが、まぁ、4歳年上だから人生のセンパイってことで「ししょ〜」なのでしょう。

ガチで「師匠」と後輩達に尊敬される「美」も「強さ」も兼ね備えた競艇選手になって行くことを期待しましょう。

深尾巴恵は現在は彼氏がいるの?

競艇 深尾巴恵 彼氏

深尾巴恵選手の現在の彼氏について調べてみましたが、現在は募集中であることがわかりました。

競艇選手のスケジュールは意外とハードであり、普段も練習漬けであることから、交際する時間もないほど練習に明け暮れているのでしょう。

彼氏と引退したという情報も流れていますが、深尾巴恵選手は現在も競艇選手として活躍しており、まだまだ引退は考えていないようです。

進藤侑選手と交際の噂!しかし2人は交際していなかったことが判明!

深尾巴恵選手の彼氏として名前が挙がったのは、競艇選手の進藤侑(しんどうたすく)選手です。

1983年9月11日生まれの34歳、群馬県出身です。

しかし、進藤侑選手は既婚者であり、不倫していたのではと言われています。

さらに、進藤侑選手は2017年10月4日、亡くなったことがわかりました。

死因や死亡時刻は不明であり、自殺とも言われています。

進藤侑選手の自殺原因に関して現在も不明な点が多いですが、一部では深尾巴恵選手との不倫が原因であると言われています。

しかし、進藤侑選手と深尾巴恵選手が交際していなかったことが後にわかり、交際のもつれが自殺の原因ではないことがわかりました。

なぜ、2人の交際が浮上したのかは不明ですが、交際していたという情報はデマであることが現在、わかっています。

まとめ

ボートレーサー 深尾巴恵

可愛い競艇選手として活躍する深尾巴恵選手は、注目の若手選手です。

プロデビューから3年目の深尾巴選手は、これからの競艇を担う選手と言えるでしょう。

競艇界の看板娘として、これからも競艇を盛り上げてくれるでしょう。

深尾巴恵選手は、現在独身でまだまだ引退は先のようです。

しかし過去には、同じ競艇選手との交際が噂され、相手が自殺したことで交際のもつれではと言われましたが、実際に交際していた事実はありませんでした。

なぜ、交際していたというデマが流れたかは不明ですが、可愛い競艇選手として人気のある深尾巴恵選手にやっかんで生まれた嘘の可能性があります。

デマには負けず、これからも活躍してほしいですね。