競艇はギャンブルではなく投資と言える?着実に稼ぐことは出来るのか?

投稿日:2018年11月14日
最終更新日:
競艇 ギャンブル

そもそもギャンブルと投資の違いは何なのでしょうか?

ギャンブルと投資は何が違うの?

競艇 投資

語源とイメージではかなり乖離している部分があるかとは思いますが、それぞれの意味は以下のとおりです。

ギャンブルの意味とイメージ

ギャンブルの意味とイメージ

ギャンブルの言葉の意味は、賭博のことで賭け事や博打、勝負事を指す言葉です。

賭博には、賭事と博戯の二つがあり、公営競技、「野球賭博」「富くじ(宝くじ)」「ルーレット」、「バカラ」などは賭事であり、「賭け麻雀」「賭けゴルフ」「賭けポーカー」などは博戯です。

ギャンブルに関しては言葉の意味とイメージには大した差は無く、まさにギャンブルで、少しブラックな側面も見え隠れしますよね。
どちらかというとゲーム感覚で結果が一目瞭然且つ、即日決着のような感じでしょうか。

投資の意味とイメージ

投資の言葉の意味

投資の言葉の意味は、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指します。

投資のイメージとしては、株式等の証券取引や先物取引、不動産取引が該当するかと思います。
ギャンブルとは違い、何かを売買する形のスタイルが多く、また短期の投資であれば話は別ですが、基本的には中長期でじわじわとお金を増やすことが出来る、という感じだと思います。
また、現物が手元に残るのでマイナスになることはあっても、0にはなりづらいのも特徴でしょうか。

競艇は投資とは言えないの?

競艇は投資とは言えない?

既に本末転倒というか、競艇は言葉の意味でとらえた場合にはどうやっても投資には属しないですね。

では、イメージの面ではどうでしょうか?

投資のイメージで説明した、中長期でじわじわとお金を増やすことが出来るという部分だけをピックアップしてみれば、競艇でも同じことが出来るのではないか?と考えることは可能です。

ややこじつけ感があるかもしれないですが、競艇を投資として見るとするのであれば、1発逆転というよりも、少しずつでも着実にコツコツと中長期的に見て資金を増やしていく方法、そのスタイルがあれば競艇も投資と言えるのではないか?ということです。

問題は、競艇を投資と昇華して呼べるほどの確固たるスタイルを確立する事、その為には一体どうすればいいのでしょうか?

競艇を投資に変える方法とは?

競艇を投資に変える方法

若干の精神論になってしまう部分もありますが、競艇を投資としてとらえるのだとしたら、絶対にやってはいけない事があります。

それは、自身が考えたロジック外の行動は絶対にしてはならない、ということです。

簡単に言えば、気分に応じて舟券の購入資金を変動させたり、何となくで舟券を購入するなどをしてはならない、ということですね。

作ったルールの上であれば問題はないですが、投資において重要となるのはいかに冷徹に機械的に取引を行うかです。

一度や二度負けた程度で気持ちを揺るがす事もなく、常に一定の方法に準拠した上で淡々と同一の手法のみで参加し続けなければなりません。

極端な例を言えば、全レースを2連単の1-2だけ延々と買い続けるというようなことですね。

もちろんこれは現実的ではありませんが、どんなにオッズが低かろうがこういうルールを設定した以上はやり遂げる覚悟が無ければいけません。

競艇を投資とするのであれば、遵守する強い覚悟、そして適切なルール設定が肝となります。

競艇に適したルール設定

競艇に適したルール設定

一つのレースの結果だけにとらわれず、長い目で見た時に勝率が高く、配当金が少なくてもとにかく勝つことが大切です。

投資には損小利大という言葉があります。

如何に損失を減らし、利益を大きく出すかということを一番に考えなければいけません。

当たり前と言えば当たり前のことですが、人間負けが越したり、勝ちが続くことで気持ちのバランスが大きく変動し、これが邪魔して想定外の行動に走り結果が安定しない、これが最悪の場合です。

損失を小さくする方法

損失を小さくする方法

競艇で損失を減らす方法は、大きく二つあります。

一つは買い目、点数を減らす事、もう一つは参加レースを減らす事です。

買い目、点数を減らす

何となくこの3艇が怪しい…とりあえず3連単ボックスで買う!みたいなのでは無駄な舟券がどうしても発生してしまうわけです。

フォーメーションで買って抜いてしまった舟券が当たってしまうかもしれない…
そういう気持ちをぐっとこらえて、点数を減らしていく努力をしましょう。

出来る限り参加するレースを限定的にする

買い目と点数を減らすということが出来ると自然と参加レースも減る事になります。

というのも、自信のあるレースというのがかなり限定されてくるからです。

3艇選出、3連単ボックスまでしか絞れないというレースには参加しなければ良いということですね。

競艇で連戦連勝を実現するというのは、簡単なことではありません。

ただ、特定の条件下に絞っていく事で勝率というのは飛躍的に大きく高まっていきます。

たとえば、施行者サイドで用意してくれている鉄板番組などはいわゆる初心者でも予想がしやすく、的中率が高いです。

反面オッズが低く、敬遠されがちですが、投資において重要となるのは勝率の部分です。

勝率を高めることが出来なければ、プラス収支には繋がっていきません。

ちまちま勝つよりも万舟券でドーンと稼ぐ方が早い!という道理、決して間違っていませんが、投資としてやっていくのであれば、小さな勝ちをコツコツと積み上げて行く、その我慢の連続との戦いに勝たなければはっきりいって成功することはありません。

より勝率が高く、間違いないレース、それ以外には参加しないルール作りは必須条件と言えるでしょう。

もちろん、延々と万舟券のみ、100倍以上のオッズのものしか賭けないというルールを設定して実践するというのであれば、それは一つのルールとして肯定できるものではあります。

利益を大きくする方法

利益を大きくする方法

損失を抑えることが出来れば、それだけで利益が大きくなる可能性というのは高まります。

その上で、常に当たった場合にはトリガミにはならないように、プラスになるオッズのものだけを購入するようにしましょう。

買い目を減らす場合にも使えますが、オッズが低いものから切っていくというようにするだけでも効果はあります。

1レース単位で掛け金は固定する

例えば、1日で使う金額を10000円として、10レース分、1レース当たり1000円は必ず使い、それを超えた金額は絶対に賭けない、こんな風にルールを設定しましょう。

30日やるとして、300000円が必要となりますが、軍資金は人によって様々なので、変動させて良いと思います。

毎日必ず10レースに参加するというのは簡単なことではないですし、仮に使いきれなかった場合にも、その分のお金は翌日に持ち越す、というようなことはせず損失が少なくて済んだと考えて、使わずにおいておきましょう。

出来れば舟券の種類は固定したいところではありますが、1000円の内訳をどうするか?と考えた時には、色々な種類で試すという選択肢が必ず出てくるはずなので、臨機応変にいきましょう。

先述の3連単ボックスが点数として絞れる限界であれば、3連複の1点買いで1000円を賭けるというのでも良い、ということです。

もちろん、オッズなどを勘案した上でやる必要がありますが。

投資期間をしっかりと設定する

前項では例えば30日間という風に決めましたが、競艇を投資として考えるのであれば、日々の勝ち負けの大小云々を抜きにして、決められた期間内で最終的にどういう結果になったのか?が全てです。

ある程度の利益が確保出来たら辞める、というのでも構わないとは思いますが、何かしらの目標となる数字を定めるなどして、抜けるタイミングというのはあらかじめ決めてあったものにするようにしましょう。

競艇を投資にするとはっきり言って面白くない

競艇を投資にすると面白くない

自分で決めたがんじがらめのルールの中、決まった条件下で淡々と舟券を購入していく。

投資は遊びではないので何となくの気分やノリ、というのは一切介在しない方法でやらなければならないので、正直なところ面白くはありません。

資金が増えていく事が面白いと思えるのであれば向いているとは思いますが、競艇を楽しむということとは真逆に位置してしまうので、何度もお伝えしていますが相応の覚悟の上で臨む必要があります。

競艇を投資にして果たして勝てるのか?

果たして勝てるのか?

さて、ここまではいかにして競艇を投資としてとらえるか?
投資として扱う考え方について紹介していますが、肝心の投資というスタイルにしてプラス収支になるのか?というのは疑問がありますよね。

そもそも投資をすれば絶対に勝てる!というものがこの世には存在していません、なので、競艇に投資をして勝てるのか?となると、こればかりは筆者も断言というのは出来かねます。

ただ、実際に競艇だけで生計を成り立たせているという人がいる以上、勝てないとも言えないわけです。

難しく考えることなく、毎レースコンスタントに当てることが出来るのであれば、ギャンブルだとしても、投資だとしてもプラス収支にはなります。

じゃあどうやって当てればいいのか?どうしても立ち塞がる壁というのはここになってしまいます。

相応の知識、努力、経験は必要

相応の知識、努力、経験は必要

どんな事柄であれ、ビギナーズラックを乗り越えてしまえばモノをいうのは実力となります。

初心者の人が競艇を投資としてチャレンジしてみた!としても、その結果というのは芳しくはないでしょう。

その為、ここまで紹介している方法を実践して結果を出せるか否かとなると、しっかりと競艇に対しての知識があり、ここまででそれなりに実績がある人じゃなければ、結果に結びつくのは、はっきり言って難しいと思います。

競艇予想サイトを使ってみる

競艇予想サイト

最近では競艇予想サイトのキャッチフレーズに、競艇はもはやギャンブルを超えた投資である!なんて謳い文句があったりするわけですが、実際に初心者で競艇に全く知識がなくても、予想が超高確率で当たるという前提であれば、これは立派な投資であるとも言えるでしょう。

更に、多くの競艇サイトの場合、買い目の点数、購入金額などを完全に設定してくれるので、投資に重要なルール作りも暗に行ってくれているという事になるわけです。

もし競艇予想サイトの有料予想情報を利用して競艇で投資活動を行うとした場合には、30日間で使う金額を初めから設定した上で(総軍資金から予想情報を購入する)サポートセンターに相談をし、自分はこんな条件で投資としてやってみたいと伝えることで、適切なプランを紹介してくれるなんて事もあるかもしれません。

ルール作りには特に慎重に

ルール作りには特に慎重に

繰り返し同じことを伝えていますが、競艇で投資をするのであれば一番大事なのはルールです。

このルール次第で勝敗を分ける事になりますし、必ずやり遂げられるものを設定しなければ投資が失敗する事になります。

また、作ったルールには絶対に反しないという初志貫徹が出来る鉄の心、これを絶対に忘れないようにしましょう。

まとめ

競艇投資

競艇は投資と言えるのか?

その答えはイエスでもあり、ノーでもあると言えるでしょう。

なぜなら、競艇をギャンブルとして楽しむのも、投資として挑戦するのも、人それぞれだからです。

といっても、途中から競艇を投資にする方法になってしまっていましたね。

もう一度おさらいしておくと、競艇に投資するのであれば、強い精神力を持ち、ちょっとやそっとの負けでは揺るがず、淡々と機械的に定めたルールに則って舟券を購入し、一定期間を過ぎたら結果を確認し、再挑戦するのであれば勝敗によってルールを再設定する。

どうしても勝率の壁を超えられなければ競艇予想サイトなど、自分以外の予想を参考にしてやる。

これらが競艇を投資として着実に稼ぐために大切な方法です。