競艇界の新エース!浪速の石野貴之の凄さって?

投稿日:2018年9月5日
最終更新日:
競艇 石野貴之

強力モーターを引き当てた時には天下無双の強さを発揮すると言われる石野貴之が浪速の新エースと言われる所以は一体なぜなのか?その強さの秘密やスタイル、数々の功績などをご紹介いたします。

浪速の新エースこと、石野 貴之って何者なの?生年月日や出身地、その他の特徴は?

浪速の新エース

石野 貴之は1982年6月3日生まれで大阪府出身の競艇選手で、166センチ、52キロのO型、現在は36歳です。第90期生として登録、登録番号は4168です。
師匠は原田智和、弟子に大原由子、浜本裕己がいます。

高校時代は競艇ではなく大学野球を目指していた??

石野 貴之は大阪野球の名門校である、近畿大学付属高校にて野球部に所属、しかも主将をしていました。
大学に進学して野球をするか、競艇選手になるか、二つに一つの道を迫られた彼は、高校3年の夏の大阪大会で負けたことをきっかけに競艇選手になりたいという思いを父親に告げました。
父親は大学進学を望んでいたこともあり、反対をしましたが、実は、石野貴之の父もまた、競艇選手(現役時代はGIで2勝を誇るトップレーサーの石野美好)であったこと、それが大きな理由として競艇選手になりたいという強い想いを幼い頃から抱いていたこと、ボートレーサーになることしか考えていなかったと告げたことで、承諾してもらえたとの事です。

デビューは2002年

 研修時代のやまと競艇学校では、リーグ戦勝率6.63の90期リーグ2位の成績で卒業し、2002年5月10日に、住之江競艇場にて開催された第39回スポニチ杯争奪なにわ賞の初日でデビューを飾ります。
新米ということで6コーススタート、結果は4着に終わりました。

デビューから24走目となる2002年6月19日、住之江競艇場にて開催された第38回報知新聞社賞ダイナミック敢闘旗5日目の第1レースで初勝利を飾ります。

2003年にG3新鋭リーグで初優勝!

2003年1月15日、児島競艇場で開催された一般戦で初優出を果たしますが、優勝戦では6コースから失格にて敗退しますが、同年10月16日の宮島競艇場で開催となった、G3レースの新鋭リーグ第19戦で初優勝を飾ります。
この時の決まり手は差しでした。

2004年にG1初出場と初優出!

2004年1月27日、徳山競艇場で開催された、G1レースの第18回新鋭王座決定戦の初日第1レースでG1の初出場を果たし、6コースから見事1着で初勝利を飾り、初優出を果たしました。優勝戦は5着で終わりますが、実に見事な走りっぷりでした。

2005年にSG初勝利!

2005年にSG初勝利!

2007年にG1初優勝!

2007年1月28日、大村競艇場で開催されたG1第21回共同通信社杯新鋭王座決定戦競走でG1初優勝を飾ります。
優勝戦では6コースから見事な抜きで1着を獲得しました。

2010年SG初優出と初優勝を同時達成!

2010年7月19日、丸亀競艇場で開催されたSG第15回オーシャンカップ競走で初優出を果たし、優勝戦では1コースから逃げで見事初優勝を飾ります。

千変万化!石野のレーススタイル

千変万化!

G1優勝5回、SG優勝6回という好成績を残す石野 貴之はどのコースからでも勝利を狙えるという抜群のテクニックと勝負強さを持ちます。
一体そのレーススタイルはどの様なものなのか?

超高速ターンが魅力

大舞台であるほど、その真価が際立つとされる石野 貴之は群を抜くほどの素晴らしい旋回技術を誇っています。
進入コースの基本は枠なりですが、よほどの時や内寄りが狙える時はまれに内寄りのコースを狙って動くときもあります。
高い技術力があるからこそ可能としている全速ターンを武器としているので、どのコースからでも1着を狙う事が可能なんですね。
2コースは苦手と言われていますが、3コースがとにかく強く、3連対率は90%にのぼる程です。

強運によるモーターの引きと整備力

競艇の醍醐味とも言えるモーターの抽選において、とにかく引きが強いのが石野 貴之の特徴とも言える部分です。
競艇選手はモーター抽選に勝率が左右されるという部分は否めないと言われるものの、石野 貴之は高性能モーターを引き当てた時の勝率が飛びぬけて高く、曰く『天下無双』の強さを発揮することが出来ます。
最も、それだけで勝ち上がっていける程、甘くはないのが競艇です。
彼にはどんなモーターであっても最高のチューニングを施せる整備力が備わっており、強さの要因になっています。

強靭なメンタルと判断力

父親である石野美好譲りのトップレーサー気質と言いますか、とにかく非常に度胸があるのが石野 貴之の強さの秘訣です。
スタート事故やフライングは比較的少なく、平均のスタートタイミングは0.14~0.17と上々。ここぞという時にも臆することなく最高の出だしをばっちりと決められるメンタルが持ち味です。
また、対戦相手とコースに応じて、勝利のための道筋を瞬時に判断し、それを実行できる技術力と相まって、勝ち星をあげ続けています。

 2007年ごろから、石野は大一番のレース前に『スタートはぶち込みます』と宣言するようになります。
言葉に違わず、有言実行をし、コンマ03という素晴らしいスタートを決めていくことからファンから絶大なる信頼を置かれるようになりました。

オフィシャルニックネーム『石野信用金庫』とは?

石野信用金庫

知る人ぞ知る石野貴之の愛称である『石野信用金庫』は一体どうやって生まれたものなのでしょうか?またその意味は何なのでしょうか?

十三スポーツ(ジュウスポ)ブログで公募される

大阪発・男の本音満載!楽しさ&自由な新感覚ブログ空間を皆でクリエイトする『ジュウスポ』です。
をキャッチコピーに様々な情報を配信しているジュウスポ内のニックネーム命名企画第4弾にて、石野貴之本人がニックネームを付けて欲しいという依頼をした事がきっかけで2010年4月25日に公募される事になりました。

162件にも及ぶ応募の末…

当時、十スポ史上最多のコメント数112件、162件にも及ぶ案が寄せられたニックネーム命名企画ですが、2010年5月20日に石野貴之本人が『石野信用金庫』がいいと選び決定となりました。

沢山の候補があった中でその名前を選んだ理由に
「岡村がショットガンとかカッコいい系を選んだので、僕は大阪らしく面白くて親しみやすいものにしました」
「今はまだ頼りない面がありますが、これから一層頑張ってファンの方に信用してもらえるように、僕の舟券で儲けてもらえるような選手を目指します」
とメッセージを残しています。

石野信用金庫と名付けた理由とは?

162件の案の中で石野貴之のハートを射止めたニックネームを考え付いたのは『人見知りさん』で、彼のコメントをそのまま抜き出すと

スポニチの裏一面の石川遼選手の記事を見て

【石野信用金庫】

石野選手がファンにこれぐらい信用される選手になって欲しいと思うのと
石野選手が大阪支部一ゴルフが上手いと聞いたので思いつきました。

ファンがこのレースは【石野信用金庫】でいけるよといわれるくらい安心して舟券を買える選手になって欲しいです。

石野選手、頑張ってくださーい。

※原文ママ

との事です。
今ではSG選手ともなっている石野貴之の実力をこの時からしっかりと掴んでいたんだなと、感心させられますよね。

ニックネームを貰ってから流れが一変

2010年5月に石野信用金庫を襲名した後、6月の児島いいことイロイロ16#杯で命名後の初優出と初優勝を飾ると、続く7月11日の浜名湖テレしずサマーカップで2節連続Vと完全に好調の波に乗り、7月19日のオーシャンカップにてSG初優出と初優勝を飾る事になりました。
また、2011年2月12日には「GI太閤賞競走 開設54周年記念」で優勝し、過去に父の石野三好も開設22周年記念で優勝を果たしていたことから、同一大会父子制覇の快挙を成し遂げました。

『浪速の新エース』天下無双時代到来

浪速の新エース 時代が来た

2010年にSG初優勝を果たした後、G1、G2の優勝はあれど、SGでの優勝を果たせない時期を過ごすことになってしまった石野貴之ですが、2015年からはとてつもない成績を残す事になります。

SG第20回オーシャンカップで優勝

2015年7月20日に三国競艇上で開催されたオーシャンカップ競走で自身二度目のSG優勝を飾ります。優勝戦は1コースからで、決まり手は逃げで1着となりました。

G1第62回開設62周年記念 全日本王座決定戦で優勝

2016年1月24日に唐津競艇場で開催されたG1第62回開設62周年記念 全日本王座決定戦で見事優勝し、G1レース5回目の優勝を達成します。

SG第21回オーシャンカップ優勝で2連覇達成

2016年7月18日に鳴門競艇場で開催されたオーシャンカップ競走でSG3回目の優勝を飾ります。
オーシャンカップ2連覇は史上初の記録であったと共に、3冠目までを同一SGで成し遂げたのは24年ぶり二人目の偉業となりました。

SG第19回チャレンジカップ競走で優勝

2016年11月27日に大村競艇場で開催されたSG第19回チャレンジカップ競走でSG4回目の優勝を飾ります。

SG第44回笹川賞競走で優勝

2017年5月28日に福岡競艇場で開催されたSG第44回笹川賞競走で見事優勝し、SG5回目の優勝を果たします。

SG第27回グランドチャンピオン決定戦

2017年6月20日に鳴門競艇場で開催されたSG第27回グランドチャンピオン決定戦ではオール2連対で優出され、SG5連続優出は歴代3人目の記録を達成したほか、25日の優勝戦ではイン逃げを決め、SG連覇・鳴門SG連覇となる通算6回目のSG優勝を達成いたしました。

まとめ

競艇のサラブレッド

父に競艇選手を持ち、競艇のサラブレッドとも言える石野貴之は2015年から2017年にかけて怒涛のSG優勝ラッシュを決め、一気にその実力を全国に轟かせることになり、名実ともに浪速の新エースとなりました。
2017年の賞金王決定戦では優勝戦にて6着という結果に終わり、2018年8月現在は賞金ランキング35位と2018年グランプリに名を連ねるのかはまだわかりませんが、今最も勢いのある、石野信用金庫の今後の活躍に大きく期待したいです。