競艇の舟券別当たる確率一覧!競艇は的中しやすい?

競艇 確率

当たりやすい故にオッズも低くなり配当の払戻金も少なくなりますが、ギャンブルというのは当たらなければ意味がありません。なかなかギャンブルで勝てないという人は、まずは競艇で当たり癖を付けてみてはいかがでしょうか。

競艇はギャンブルのなかでも一番当たりやすい!

ボートレース(競艇)は公営ギャンブルの中でも一番当たりやすいと言われています。他の公営ギャンブルといえば、競馬に競輪、そしてオートレースなどがありますよね。三連単の的中確率を比較してみましょう。

競馬:1/4896
競輪:1/504
オートレース:1/336
競艇:1/120

一目瞭然で競艇の3連単の当たる確率が最も良いのが分かります。もちろん競馬などは最大の18頭立てのレースでの確率なので、頭数が減れば確率は変わりますが、それでも最大6艇のレースになるボートレースのほうが当たる確率は高いというわけです。

宝くじやロトシックスが当たらない!そんなときは競艇で勝負してみよう

宝くじで高額当選する確率は、明日突然交通事故で死ぬ確率よりも低い

宝くじやロト6、1等で〇億円が当たり夢がありますよね。とはいえ、そうそう当たるものでもありません。宝くじで高額当選する確率は、明日突然交通事故で死ぬ確率よりも低いと言われています。ジャンボ宝くじでの1等の当選確率は1000万分の1で、これは東京ドーム約222個にひしめきあう人の中から1人が選ばれるのと同じ確率です。ロト6の1等確率は約610万分の1、当たりやすいと言われているミニロトですら1等は約17万分の1です。

絶対に当たらないとは言いませんが、相当に低い確率だという事は分かりますよね。

その点、ボートレース(競艇)であれば、高配当が期待できる最も難しい舟券の3連単の確率は120分の1です。そして舟券は100円から買うことができます。10通り1000円分の3連単の舟券を購入すれば確率はなんと12分の1になります。そしてボートレースは、インが有利と言われていたり、ボートレーサーの実力や、モーターの速さなど覚えて学習していけば勝率があげやすいです。宝くじやロト6をいくら買っても当たらないという方は、この機会に競艇で勝負してみるのも面白いかもしれませんね。

券種別でみる競艇の確率

舟券は全部で7種類

ボートレース(競艇)の舟券は全部で7種類あります。それぞれ艇を選ぶ方法が違い、的中のしやすさと配当の払い戻しの期待値が変わってきます。7種類の舟券がそれぞれどのくらいに的中する確率があって、配当の期待値がどうなるかを検証して記事にしてまとめていきます。

単勝の的中する確率は1/6通り「16.66%」

単勝(単勝式)は1着でゴールする艇を当てるというシンプルで分かりやすい舟券です。ボートレースは6艇で走るので、的中確率は1/6通りで約16.66%となります。当たりやすい舟券ですのでオッズも低いことが多く配当の払い戻し金にはあまり期待できません。
 

複勝の的中する確率は2/6通り「33.33%」

複勝(複勝式)は1着か2着でゴールする1艇を当てる舟券です。選んだ艇が1着でも2着でも的中となります。的中確率は2/6通りで約33.33%なので、最も当たりやすい舟券となります。オッズはかなり低く、1.0という的中しても舟券を買った同額しか配当の払い戻し金が戻ってこない場合も多々あります。
 

2連複の的中する確率は1/15通り「6.66%」

2連複(2連勝複式)は1着と2着でゴールする2艇を当てる舟券です。自分の選んだ2艇が順番を問わず1位と2位になれば的中となります。的中確率は1/15通りで約6.66%となります。当たる確率が低めなので、そこそこの高配当の払い戻し金にも期待が持てる舟券となります。
 

2連単の的中する確率は1/30通り「3.33%」

2連単(2連勝単式)は1着と2着でゴールする2艇の組み合わせを着順通りに当てる舟券です。自分の選んだ2艇が順番通りに1位と2位になり的中となります。的中確率は1/30通りで2連複の半分の約3.33%となります。当たる確率がかなり低いのでオッズも高くなることが多く、高配当の払い戻し金に期待が持てる舟券となります。
 

拡連複の的中する確率は3/15通り「20.00%」

拡連複(拡大2連勝複式)は1着から3着までゴールする2艇を順位に関わらず当てる舟券です。自分の選んだ2艇が、1-2着でも、1-3着でも、2-3着でも的中となります。的中確率は3/15通りで20.00%となります。当たる確率がかなり高く、また競艇の醍醐味も味わえるので初心者にはオススメの舟券です。ただ、オッズは低めで配当の払い戻し金もあまり期待はできません。
 

3連複の的中する確率は1/20通り「5.00%」

3連複(3連勝複式)は1着と2着と3着でゴールする3艇を順位に関わらず当てる舟券です。自分の選んだ3艇が、1-2-3着でも1-3-2着でも2-1-3着でも2-3-1着でも3-2-1着でも3-1-2着でも的中となります。的中確率は1/20通りで5.00%となります。2連複よりも3着が増える分当たる確率は低くなりますが、その分オッズは高めでやや高い配当の払い戻し金に期待がもてます。
 

3連単の的中する確率は1/120通り「0.83%」

3連単(3連勝単式)は1着と2着と3着でゴールする3艇を着順通りに当てる舟券です。自分の選んだ3艇が順番通りに1位と2位と3位になり的中となります。的中確率は1/120通りで的中させるのがかなり難しい舟券です。当たる確率がかなり低いのでオッズも高く、高配当の払い戻し金に期待が持てます。ボートレースの醍醐味を味わえる舟券となります。

競艇は1コースが最も勝つ確率が高い

艇は1コースが最も勝つ確率が高い

ボートレース(競艇)は1コースに進入した艇の勝つ確率が最も高いというのは聞いたことがあると思います。競馬や競輪と違い競艇はモータースポーツですので、最初から最後までスタミナを気にせずに全速力で駆け抜けることができます。つまり1マークの最初のコーナーでトップに立てればそのまま1着でゴールする確率が高いのです。その1マークの最初のコーナーでトップに立ちやすいのが1コースに進入した艇という事になるのです。

各ボートレース場によってインの勝率は違いますが、45~55%ほどの確率で1コースに進入した艇が1着となります。さらには1コースの艇が2着になる確率は約17%、3着になる確率は約9%ですので、舟券のどこかに来る確率は約80%前後と非常に高確率になります。
競艇のコースへの進入は基本的には枠なりになるので、1号艇が1コースに進入することがほとんどとなります。1号艇を舟券に絡めないと平均すると20%ほどの的中率しか見込めないという事になります。高配当を狙いたいからといってむやみに1号艇を切り捨てるのは得策ではないですね。

ただ、1号艇といえども必ず1コースに進入できるわけではありません。1コースが有利なのは周知の事実なので、外枠の選手が1コースを取ろうと動くことがあります。ただ1号艇以外の艇が1コースに入ろうとすると外を回り込む必要がありその分スタートまでの助走が短くなるなどのリスクが発生します。もちろんそのリスク込みで1コースを狙う選手や、1号艇でも先輩選手にあっさりと1コースを明け渡してしまう選手もいます。そのあたりの駆け引きまで見込んでレースを予想する必要性が出てくる場合があります。

外のコースほど勝率は落ちる

外枠になればなるほど勝率は下がってきます。

ボートレース(競艇)は前項でも説明した通り、インの1コースが一番有利で勝率が高いギャンブルです。そして、外枠になればなるほど勝率は下がってきます。平均した勝率は下記のような数値になります。

1コース:1着 約53%
2コース:1着 約17%
3コース:1着 約12%
4コース:1着 約8%
5コース:1着 約6%
6コース:1着 約4%

もちろんレース展開やボートレース場や艇に乗るボートレーサーによって確率は変わってきますが、平均すると外枠の艇が1着になる確率はかなり低いのです。そのため高配当になる舟券は外枠の艇が絡んだものが多くなります。

高配当を狙うならやはり3連単

圧倒的に的中させやすいギャンブル

ボートレース(競艇)は6艇でレースをして勝敗を競います。他の公営ギャンブルの競馬や競輪やオートレースと比べると、出走する数が少ないので圧倒的に的中させやすいギャンブルであると言えます。その分他の公営ギャンブルに比べると配当が少ないという欠点もあります。当然ですよね。当たりやすければ当たりやすいほど配当は低くなります。その中でも高配当を狙うのであれば購入する舟券はやはり3連単の舟券しかありません。

もちろん2連単でも高配当が出ないわけではないですが、圧倒的に3連単の配当金のほうが高いです。

ボートレース(競艇)で変われる舟券のほとんどは3連単と言われています。3連単の的中確率は1/120通りで0.83%です。舟券は100円から購入できますので、3連単を何パターンか購入するのが一般的となります。10パターン買えば1/12通りになり8.3%まで的中確率が上がります。また、インが強いことや、ボートレーサーの特徴、レース展開などを読むことで的中の確率を自分なりにあげていく事ができます。
高配当を狙いたいのであれば3連単の舟券で勝負をしていきましょう。

まとめ

舟券は当てることが大事

競艇がいかに当たりやすいか、的中確率が高いかがここまでの内容で分かって頂けたと思います。かの蛭子能収さんも「舟券は当てることが大事。例え赤字であろうと儲けが少なかろうと、当てる事が大事なのだ。それにより赤字になったって全く当たらない買いよりは減る金額が少なくて済むのだから。」という言葉を残しています。
全てのギャンブルで大事なのは、まずは当てることですよね。当たらなければ投資したお金はただの無駄金になってしまいます。配当の払い戻し金が少なかろうと、当てなければ意味がないのです。
これまでギャンブルで結果が出なかった人こそ、今後は競艇での勝負が良いのではないでしょうか。