競艇界のインコース好き!?賛否両論の前づけ戦略を徹底解析します!

競艇 前づけ

競艇の戦略の1つである「前づけ」とはどんなものなのでしょうか?詳しく調べて見ました。

競艇の前づけとは何か?

競艇には、レースが始まるとピットから艇が離れ、スタートまでに待機時間というものが存在します。
これは、ピットでエンジンをかけた後に、スタートをするまでの間の時間の事を言います。

基本的に競艇のコース取りについては自由競争です。その待機時間にいち早く、外枠の選手が、内枠の艇の前に回り込んで、内側のコースを取る戦略の一つです。

前づけのメリット、デメリット

前づけのメリット、デメリット

ボートレースにおいて、内側ほど有利と言われています。
よって前付けをすれば優位に立てそうですが、スタートが難しくなるという、デメリットもあります。強引に前付けすればするほど、スタートするための初動動作「起こし」がスタート位置に近くなり、スタートした瞬間の速度が他艇よりも遅くなってしまいます。
競艇の場合、スタートはフライングスタート式を採用しています。そのため、加速をしてスピードが出ている艇もあれば、前付けしてスタートする艇もいる事になります。

簡単に説明すると競艇では、陸上競技などで、一列に選手が並び、スタートと同時に一斉に止まった状態からスタートするのではなく、どんな速度であれ皆が同じタイミングでスタートラインを越えれば問題ないという事です。そのため、助走という部分が非常に大事になって来ます。後ろからスタートしていれば、スタートラインを越える時に凄い速さで通過する事が出来る為、レース開始から非常に早く走れます。しかし前付けをすると、スタートラインまでに距離が非常に距離に短いので、最高速にのらないまま、スタートをする事になってしまうという事です。

フライングスタート式について

フライングスタート式

「フライングスタート方法」というのが競艇初心者の頭を悩ます難しいスタート方法です。まず、理解して欲しいのは競艇で使用されるボートにはブレーキが付いていません。
ボートに備え付けられているモーターは、始動させると動きっぱなしなのでボートに付いているアクセル(レバータイプ)を握っていなくても、ボートは勝手に進んでしまいます。

そのため6艇全てが同じ場所から同じタイミングでスタートする事ができないのです。競艇のように決められた時間内にスタートラインを通過する方法の事を「フライングスタート方式」と言われています。
メリットについては、6号艇の艇が内側からスタートする事によってインコースの競争が出来る為、外側からの競争ではなく、優位性がでる可能性が高くなります。

競艇のスタート地点には、選手がスタート目安を知るための大時計が設置されています。この大時計の針が0秒を示す時にスタートラインを全速で越えなければいけません。全速で超えなくてはいけない理由は、当たり前ですがレースなので他の選手よりも速くスタートラインを超えて先行したいからです。

大時計が0秒を示す前にスタートラインを超えてしまうとフライングで失格、1秒以上遅れてスタートしてしまうと出遅れで失格になってしまいます。
この選手たちはレース途中でアナウンスによって宣告され、レースに参加できなくなります。フライングや出遅れをした選手が絡んでいる舟券は全て全額返還になります。

待機行動のルール

待機行動のルール

待機行動中は、各選手がコース取りのための駆け引きを行います。

外側の選手は少しでも内側のコースを狙い、内側の選手はコースを取られまいとそれを牽制し、ブロックします。

なので、1号艇の選手は艇を良い位置につけ、インコース側を取られないようにします。しかし、それでも隙間を縫って前に出て、内側を取りにいきます。

競艇のルール上では、6号艇や5号艇など外側になる選手が、1コースに新入しても問題ありません。

スタート展示について

スタート展示

前づけに関して、スタート展示と深く関わりがあります。
スタート展示(スタートてんじ)とは、競艇におけるピットアウトの出足やスタート時の進入コースを事前に舟券を予想する客に見せることを目的に実施されているものです。

スタートタイミングが難しい競艇では、選手にとって本番レース直前にスタートの練習を行う効果も担っています。また、他の選手がどのような作戦で動いてくるかある程度見極める機会になります。スタート展示は、前のレース終了後(第1競走についてはスタート展示開始時刻が出走表などで公表されている)に実際のレースと同様にして、ピットアウト、スタートへ向うまでの待機行動、およびスタートするまでの行程をリハーサルするものである為、本番でもスタート展示と同じコースの方がスタートタイミングが掴めるので、スタート展示のコース配置は本番レースでも大きく反映されます。

なお、スタート展示後に観客への情報提供として、各艇の進入コース及びスタートタイミングが発表されています。

前づけについてファンからは

前づけについてファンからは

一世代前は頻繁に行われていました前づけですが、現代では旋回の進化からか前付けを行う選手は限られてきました。

特に他艇が抵抗し、スタートが深くなろうとも前付けを行う選手は「イン屋」と呼ばれるようになります。

昔のペラ制度では、伸びが殺され外枠の艇が内枠よりも不利になる可能性がありました。逆に外枠から、1マークでうちに入る技を持っている選手を「アウト屋」と呼ばれていました。
しかし、一般的には不利になるので、真っ先にアウトコースを取りに行く選手はいません。

ファンに中で、前づけを行う選手がいるかどうかは、非常に重要な問題になります。

競艇には上記で説明した、スタート展示が存在します。本番のレースがどのうような展開になるのか、またエンジンがどんな感じなのか。競艇ファンからは見るところが多く、参考にするファンの方も多いと思います。また、そのスタート展示を見ながら、本番のレースの予想舟券を購入するファンが多い事から皆が注目しています。

しかしながら、このスタート展示は、本番のレースと同じ行動を取らない事も起きてしまいます。その中で、代表するのが、前づけになります。

スタート展示では、前づけの素振りも見せなかった選手が、本番になるといきなり、前付けをしてインコースを取りにいく事が起きるのです。

競艇の初心者には、あまり関心はありませんが、上記でも言っているように、競艇は内枠でインコースにいるほうが有利と言われています。

そのため、スタート展示をみて、一枠の1号艇、二枠の2号艇の選手が有利だと思い、予想して購入した舟券が怪しくなってしまう事があります。

この前づけに関して、予想をして大穴狙いのファンの方もいます。しかし、圧倒的に前づけをするなんて予想をしてないファンからは怒りがでてしまうでしょう。
前づけの戦略に関しては、非常に賛否両論です。決して前づけをしたから、1着でゴールするわけではありませんが、予想外の事が起きる可能性が非常に上がってしまう為、否定派の人や肯定派の人など、色々な意見がでてしまうと思います。

進入固定競走とはなにか

進入固定競走

今まで、前づけに関して自由競争なので、コース取りに関しては戦略があると説明してきました。しかし、競艇には進入固定競走というのが存在します。

進入固定レースはその名の通り、ピットアウトからスタートまで、1号艇から6号艇まで枠順通りでスタートするレースのことを指します。
上記の内容通り、競艇ではボートが置かれた位置からピットアウトをして待機行動中にコース取りを行います。

しかし、この進入固定競走では枠順通り、スタートが義務なので、1号艇が圧倒的に有利な展開になると言えます。このレースは必ず、競艇場でも告知されて行いますので、初心者の方でも非常に舟券が買いやすくなります。

なぜこのようなレースは存在するか説明します。このレースでは、今まで話してきた前づけなどの難しい戦略を説明して来ましたが、競艇の初心者には難しいでしょう。
そんな中で、ファンの意見などを取り入れて出来たレースになります。正直、この進入固定競走では1号艇、2号艇の人気が非常に高くなる為、高配当の結果は望めない事が多くあります。しかし、そのため、初心者でも舟券を的中させる事も出来ます。

一度、舟券を購入し、当たって感動を得てもらうことが競艇界の戦略とも言えると思います。ぜひこの機会に競艇を始めるかたは、まずこのレースから舟券を購入する事をおすすめしたいと思います。しかし、進入固定競走とはいいますが、必ずインコースの選手が上位着順に入ることはないので、大穴目当てのファンも少なからずいるようです。

以下が全国で行っている進入固定競走です。
下関 第3レース
蒲郡 第7レース
丸亀 第8レース
宮島 第4レース
児島 第9レース
若松 第5レース
大村 第5レース
津第 第9レース
唐津 第7レース
徳山 第1レース
浜名湖第9レース
G1/G2/G3などの記念レースでは開催されません。モーニングやナイターで開催されることが多いようです。
進入固定競走の場合、各出走表にその旨の記載がされています。

まとめ

競艇の戦略の1つである前づけ。競艇の中で波乱を生む可能性がありますが、競艇選手も上位入賞を目指して日々、トレーニングや戦略に必死で挑んでいます。

公営ギャンブルというジャンルでは、舟券を購入する側にも、非常に難しい知識が必要ですが、この知識こそが万舟券を手にすることが出来る、第一歩だと思います。

競艇場に行く際は、ぜひスタート展示を見て、コース取りを確認し、本番で万が一前づけを行う選手が居ても焦らないように、多彩な可能性を含めて、舟券を購入する事をオススメ致します。