競艇界屈指の競艇予想誌「マクール」の魅力に迫る!

競艇 マクール

競艇マクール(きょうていマクール)とは、三栄書房さんが出版する競艇を専門に扱う雑誌です。

マクールとは

「マクール」は競艇の決め手の一つ「マクリ」と、同誌の編集を担当する編集プロダクション「株式会社マクール」の社名にちなんだものになります。

サブタイトルは「全速ツケマイな切れ味 競艇専門マガジン」
1993年8月に創刊し、当時はほぼ2ヶ月に1回のペースで発刊されていましたが、1995年3月号からは月刊で発刊され、毎月11日に発売されます。

なお、表紙は芸能界屈指の競艇通で知られる漫画家、蛭子能収さんが書いています。

編集長は山本圭一さん、主筆は水村和彦さんです。
内容はその時々に行われるSG戦の出場選手や開催競艇場について、あるいは舟券に役立つ情報が書かれています。
また、前述で述べました蛭子能収さんをはじめとした競艇通の著名人などのコラムもあります。

2012年5月号より表紙の題字を「SUPER BOAT MAGAZINE 競艇マクール」に変更しました。(元々、英語表記として「SUPER BOAT MAGAZINE MACOUR」を用いていたことにちみます)

主な連載(抜粋)

渡邊十絲子「天下御免の競艇客」
競艇大学・統計学講座
ひまひまデータOFFLINE
松本進の今日は飲もまい
井上理論Neo!!
競艇中心の人生ですが何か問題がありますか?
韓国競艇通信
エビスさんの今日はこれだけ負けました(蛭子能収)
記者席通信 唸れペン!吼えろ印!
コロコロまえくみのピットの遊撃手(前田くみ子)

電子版マクール

この情報誌は電子雑誌版としても発行されており電子雑誌は、パソコンやスマホ、タブレットPCから、ネットを通して雑誌を読むことができるサービスです。

もちろん内容は紙の雑誌とほとんど同じです。しかも電子版の場合、価格は紙版よりもお安くなっています。

マクール電子版は、下記電子書店からお求めいただけます。

雑誌オンライン:http://www.zasshi-online.com/#external_site
e-shinbun:https://www.e-shinbun.net/#external_site

発売日は、毎月11日です。

ライバル社

BOATBoy

BOATBoy – 1996年に創刊し今ではマクールと競艇情報誌において覇権を争っています。

同社が運営する競艇予想サイトマクールについて

競艇予想サイトマクール

マクールは競艇情報誌だけでなく競艇予想サイトも運営されてます。
サイト名は雑誌と同じく「マクール」で雑誌と同じ名前なので雑誌購読者にはややこしくなく内容も充実していますので好評を得ています。

特徴

競艇場名を選択すると、マクール独自の展望、進入予想を含む「本日のイチオシレース」を見ることができます。
又、ナイターレースの予想はレース当日の朝に公開をしています。

マクール レース当日の朝

リンク先

公式サイト・・・http://sp.macour.jp/
スマートフォン専用サイト・・・http://sp.macour.jp/
Twitter・・・https://twitter.com/hashtag/%E7%AB%B6%E8%89%87%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB

登録方法について

無料登録の制度がありません。有料登録を利用する場合、公式サイトより会員登録を行ってください。
公式サイト内[会員登録]のボタンをクリック。

その後、ご利用のキャリアログインのページに進んで会員登録を行います。

有料情報について

有料会員登録を行うことで情報を取得することが可能です。
無料情報の提供はありません。

各コースの比較表

こちらに各コースの比較表を並べました。

マクール 有料情報

無料情報について

無料情報の提供は行っていません。
有料会員登録を行うことで情報を取得することが可能です。
一部コンテンツのみ、無料でも閲覧することができます。

有料情報について

有料コースは以下の2コースです。
スタンダードコース 月額324円
プレミアムコース 月額540円
スタンダードコースとプレミアムコースでは楽しめるコンテンツが異なります。
「マクール」をフルにお楽しみいただくには、スタンダードコースとプレミアムコースのそれぞれ両方に入会する必要があります。

主な有料コンテンツ

超抜モード
今までの情報にCP予想、現地記者によるモーター評価、モーター前回成績、選手の平均S順
、今節平均ST、今節平均S順、過去3節成績を追加し、パワーアップした出走表です。
予想ページにはマイ予想機能を搭載しており、重視したい項目を設定することで自分好みの予想を見ることができます。

月刊デジタルマクール

プレミアムコースに入会すると、月刊マクールが毎号発売日からスマホで読めます
さらにバックナンバーも順次追加されており、1993年に発刊された第1号から読めます。
当時のボートレースの顔・モンスター野中和夫さんのインタビューなど、激レアページが盛り沢山です。

選手ファイル

選手のプロフィールや成績データをいつでもどこでも見ることができます。
お気に入り機能を搭載しているので、好きな選手のデータがすぐによめるのが特徴です。

24場なう。

開催場の各場の新鮮な情報がリアルタイムでまとめてみれて
オバケモーターやお気に入り選手の出走情報がひと目でわかります。

ポイント制度

有料情報を購入していただくことによってポイントが付与され、
マクールのみでもらえる美人女性競艇選手が描かれたクオカードやマグカップ等、プレゼントが必ずもらえるキャンペーンに応募できるなど嬉しい特典があります。
もちろん女性選手だけでなく人気選手の限定アイテムなどバリエーションは豊富です。

出走表

その日の各レース場の出走表を全て網羅しているのはもちろんのこと、閲覧する人が見やすいように枠ごとに色分け、選手名、選手の詳細なプロフィール、全国の勝率などもわかりやすく表示しています。

競艇予想サイト マクールの予想について

マクール 予想

競艇予想サイトの予想は非常に的中率が高く、日本全国にある24競艇場競艇の公式ホームページでも競艇マクールの予想と連携して表示するなど、日本で最も信頼できる予想なのではないでしょうか。

又、最近話題になっているAIによる膨大な過去のレースデータを使用した統計データより算出した確率のみで表現した的中予想よりもその日によって変わる選手の体調や調子、モーターの調整結果、風向きや風速、波の高さなどの考慮して算出してくれる信頼できるプロの予想家からの情報をメインにしておりますので総合力ではAIに勝るのではないでしょうか。

そしてその的中率の高さ、長年運営してきた実績から競艇公式ホームページにも掲載されるほど信頼を得ています。よって信用における競艇予想サイトを利用したい方にはまずここをお勧めいたします。

マクールの会員・体験者・消費者様からの声

ここは賛否両論になってしまう部分ですが、マクールが詐欺ではないか?という情報や口コミを目にします。実際に利用しているユーザーから下記の意見が多く上がっていましたのでご紹介します。

①7日連続で購入して全て不適中!詐欺業者じゃないかねぇ。競艇でどうやったら外し続けることができるんだよ。評判が良かったから利用したけど、ここまで外すとなるとね…詐欺会社だと思う。

②見た目は派手だけど良いサイトとは言い難いな。運営会社も詐欺で評判の会社だな。ここの会社の競艇サイトを利用したことあるけど、結果は散々だったな…まさに詐欺会社って感じだった。

③サクラの口コミがかなり多いサイトだと思う。評判が良いとか嘘だよ。1週間惨敗だったしね。詐欺業者にありがちの適当な予想なんだろうって思う。詐欺サイト特有の的中実績の見せ方も怪しい。

④マクールは普通に良いよ。なんだかんだでちょこちょこ課金させられるけど面白いから使ってる。

競艇マクールの投稿されたクチコミ・評判・レビューをみると、悪評・被害コメントが目立っています。また的中率や回収率も利用ユーザー様からは不評のようですね。この結果を受けて詐欺予想競艇サイトでは、競艇マクールを詐欺業者の可能性がある競艇情報サイトとして判断し、登録・利用をオススメいたしません。
しかし、実際に詐欺を行っているかなど一切わかりません。あくまで予想であって、そのサイトへ登録する方の好みなども含まれますので、外れて怒りをぶつけたり、他のサイトの管理者が他社へ妨害を行って書いている可能性も存在しますので、一概に断定は出来ません。ご自身の主観と覗いた感覚が、一番信用できるサイトなのか判断出来る材料になるのではないでしょうか。

まとめ

ボートレース 予想 マクール

競艇情報誌としては内容も充実していて、まず予想するなら必要なツールのひとつなのではないでしょうか、また予想サイトの方も本命の競艇予想の的中率はもちろんのこと、その内容に関してもコンテンツや購読者を飽きさせないコラムなど、競艇に行かない日でも楽しめる内容となっています、そして上記にも記載しました信頼できるサイトとしては競艇公式ホームページでも紹介しているぐらいバツグンです。

迷ったらまずここを利用してみるのをお勧めします。

しかし競艇にも言えることですが賭け事に絶対はないのですべてを競艇予想サイトに委ねるのはよくない事なので絶対にやめましょう。

又、人それぞれ相性もあると思いますので自分の競艇のやり方と相性が良くないのであれば退会して自分にあった競艇予想サイトを探せばいいと思います。
利用料もそれほど高額ではないので、お試しとして利用してみるのもアリだと思います。