丸亀競艇場の特徴や予想ポイントを徹底解明!ライブリプレイやオッズ情報も

丸亀 競艇

ボートレースまるがめ(丸亀競艇場)は、香川県丸亀市にあるボートレース場です。

丸亀競艇場とは

ボートレースまるがめ(丸亀競艇場)は、丸亀市と香川県中部広域競艇事業組合が主催者です。レース場のロゴやホームページでは平仮名で「まるがめ」と表記されることが多くなっています。
香川県にある金刀比羅宮にちなんで、舟券の締め切り5分前から民謡の『金比羅船々』が流れ始めて、舟券の購入をする心を焦らせてくれます。
2009年から全国24か所の競艇場の中で5か所目として、ナイター競走の「まるがめブルーナイター」をスタートしました。

:マスコットキャラクターはカメの「スマイル君」

スマイル君

ボートレースまるがめのマスコットキャラクターはカメの「スマイルくん」です。亀の甲羅を着た赤ちゃんみたいで、ちょっと怖いと感じるのは私だけでしょうか。亀の甲羅の割れた部分が、筋肉っぽく見えて、赤いスカーフを付けているので、スーパーマンぽく見えなくもありません。パンフレットや公式HPなどにイラストが掲載されていますね。ぬいぐるみやキーホルダーのグッズにもなっているようです。まるがめの「かめ」が名前の由来ということでしょうね。スマイル君という名前の通りずっと笑顔ですね。ゆるキャラグランプリにはエントリーしていません。

開催主要レース概要

京極賞

周年記念(G1)として「京極賞」が、企業杯(GⅢ)として「JR四国ワープ杯競走」が行われています。お正月には「市長杯争奪まるがめ競艇大賞」が、ゴールデンウィークには「安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神賞」、お盆には「RNC杯争奪サマーチャンピオンレース」が開催されています。
1-2-1:2000年以降のSG開催実績

ボートレースまるがめで開催されたSGレース

2000年以降でボートレースまるがめで開催されたSGレースをご紹介していきます。

2003年「第13回グランドチャンピオン決定戦競走」
2006年「第9回競艇王チャレンジカップ競走」
2008年「第55回全日本選手権競走」
2009年「第55回モーターボート記念競走」
2010年「第15回オーシャンカップ競走」
2013年「第59回モーターボート記念競走」
2014年「第19回オーシャンカップ」
2017年「第22回オーシャンカップ」
2018年「第64回 ボートレースメモリアル」

割とコンスタントにSGレースの開催は行われていますね。一番最近の2018年の第64回ボートレースメモリアルはナイターレースでした。

ボートレースまるがめの特徴

ボートレースまるがめの特徴

ボートレースまるがめは、なんと来場したお客に交通費の払い戻しを最高2000円までしてくれるという全国でも珍しいサービスを実施しています。これはかなり嬉しいですね。浮いた分の交通費で舟券を購入できますね。サービスの対象は交通機関などによって違うので、詳しくは公式HPで確認して下さい。

・運賃払い戻しサービス
BORT RACEまるがめ 運賃払い戻しサービス

水面の特徴!潮の満ち引きで差が出る

潮の満ち引きで差が出る

ボートレースまるがめの水面は、丸亀港の一角を防波堤で区切っただけという感じになっていて、もちろん競走水面は海で水質は海水です。周囲は海が近く防風壁が無いので風の影響を受けやすく、潮の満ち引きによって絶えず水面が動いています。
競走水面がプールのコースばかりを走っている選手にとっては相当走りづらいコースという特徴があります。

ボートレースまるがめはインが強いとよく言われています。1コースでの1着率は50%前後となり、3連体率はかなり高めの数値になっています。ただ、これはこの会場で最初の1レース目は1号艇にA級の選手、他はB級選手という番組が多く、また8Rはいつも進入固定レースで行われているために、このレース時に1コースの勝率が高いために数字が上がりやすくなっています。インはもちろん強いですが、通常時は他の競艇場と同様くらいの気持ちで考えたほうが良さそうです。

また、潮の満ち引きによってもレース展開が変わってきます。満潮時にはうねりの発生によりマクリが効きにくくインコースが有利と言われています。干潮時になるとマクリが有効になりアウトコースが有利という展開になりやすいです。
ボートレースまるがめで舟券の予想をする場合には、潮汐表(ちょうせきひょう)のチェックは必ずしておいたほうが良いでしょう。

潮汐表の確認はこちら
BORT RACEまるがめ 潮汐表

施設の特徴

タッチハート・イルマーレ

ボートレースまるがめでは、運賃払い戻しサービスを見ても分かるように集客率を上げるために様々な経営努力を行っています。競艇ファンだけでなく家族連れやカップルでも訪れやすいように、キッズルームが設置されていたり、「タッチハート・イルマーレ」というカップル向けのイルミネーションスポットを設置しています。
キッズルームを設けている競艇場は多数ありますが、ボートレースまるがめは敷地内に三か所もの子供が遊べるスペースを用意しています。なかなかの力の入れ具合ですよね。
そして、水辺のテラスやカフェテリア、それにアクアデッキもあるので、デートとしても楽しめる場所になっています。

有料指定席

2パターンの指定席

また、2パターンの指定席があり、人数や用途に合わせて選ぶことができます。くつろぎながらゆっくりとボートレースの観戦を楽しめますね。

【3Fマリンシート】
チェアー席        1,000円
ボックスシート(2人用) 1,500円
ボックスシート(4人用) 3,000円
※午後5時以降の当日券は半額になるのでお得です。フリードリンクも付いています。

【4Fスカイシート(ロイヤル席)】
チェアー席        2,000円
グループシート(最大5名) 5,000円

スカイシートのロイヤル席は、なんと全席にipadが備え付けられていて投票ができるようになっています。フリードリンクはもちろんのこと専門予想紙ももらえます。

名物グルメ

骨付鳥

ボートレースまるがめの名物グルメといえば、フードコートにある全てのお店で食べることができる「骨付鳥」が有名です。この骨付鳥はボートレース場の名物というよりは丸亀市の名物という感じでもありますが、肉汁タップリでピリ辛で濃い目の味付けがすごく美味しいです。スパイシーで身がぎっしり詰まっています。全店の骨付鳥を食べ比べしてみたくなりますね。お酒にもぴったりですよ。

そして香川のB級グルメである「肉まんコロッケ」もとっても美味しいです。中に肉まんの具とジャガイモが入っていて、サクサクの衣とホクホクのジャガイモと甘い挽肉が物凄く相性が良くて病みつきになります。こちらも是非とも食べて欲しい一品です。

レースライブ・開催日程・オッズ情報

レースライブ・開催日程・オッズ情報

ボートレースまるがめのレースライブや過去のレース映像はこちらから見れます。
BORT RACEまるがめ ライブ

また、公式HPには出走表や開催日程、予想情報や予想紙の情報、モーター成績一覧に潮汐表など様々なデータや情報を確認することができます。他の競艇場のHPと見比べても非常に見やすい部類に入りますね。舟券の予想の際には最初にチェックをしておいたほうが良いでしょう。

ORT RACEまるがめ 公式HP

アクセス方法

【住所】
香川県丸亀市富士見町4丁目1−1

JR丸亀駅から随時無料バスが運行しています。歩きでも25分ほどなので、歩けなくもないです。運動不足の方は歩いていきましょう。時期によりますが海沿いを歩くのは気持ち良いですよ。冬場はオススメできませんけど。
また、坂出方面からも1日2便無料バスが運行しています。そして水島港から高速無料船が1日1便運行しています。

また、約2,200台入る大型無料駐車場も完備されているので、車での来場も安心です。

まとめ

ボートレースまるがめ

ボートレースまるがめでは、全国的にも珍しい交通費の払い戻しサービスや、家族連れの為に全3か所の子供の遊べるスペースの設置、カップルも来やすいようにイルミネーションの設置など、集客アップの為の経営努力を感じられることができる競艇場です。
また、食事券やクオカードの抽選会、子供へのお菓子の配布などイベントやファンサービスも積極的に実施しています。
競艇ファン以外も楽しめる場所になっていますので、是非とも訪れてみてくださいね。