競艇の絶対王者!松井繁の凄すぎる成績とは?

競艇 松井

間違いない1流トップレーサーとして全国的に名を馳せる松井繁はまさに競艇界の絶対王者とも言うべき存在です。
ボートレースを語る上でも絶対に外すことのできない人物の経歴などに迫っていきましょう。

生涯獲得賞金30億円を超える松井繁とはどんな人物なのか?生年月日や出身地、愛称は?

松井繁

松井繁(まついしげる)は1969年11月11日生まれで大阪府吹田市出身の競艇選手です。
身長は169センチ、体重は51キロ、血液型はO型、所属支部は大阪で、2018年現在49歳です。第64期として登録、登録番号は3415、現在の級別はA1級です。

競艇選手になったきっかけとは?

レーサー 松井

競艇選手の多くは、中高生の時に実際のレースを見て憧れたなんて人も多いのですが、松井繁はそうではありませんせでした。
中学、高校時代はテニスをしていましたが、目立つような選手ではなかったといいます。
北陽高等学校在学時は将来の進路を見い出せず、大学や専門学校を数校受験するつもりでいましたが、父親が知人から競艇選手養成所の募集案内を渡されたのをきっかけに養成所にも出願したところ、見事に合格をします
そして、そのまま北陽高等学校を卒業してから本栖研修所に入所することになりました。

絶対王者の異名を持つ

細かい成績などは後述致しますが、2012年の賞金王決定戦の出場選手へのキャッチフレーズを評して『絶対王者』の愛称がついています。

36億円を超す生涯獲得賞金は公営競技史上初の突破となり、通算勝利回数は2000勝を超え、100回を超す優勝経験など、名実ともに間違いなく絶対王者です。

ベルルッティの革靴をコレクション

ベルルッティ コレクター

生涯獲得賞金36億円超の松井繁が記念品として集めている逸品に高級ブランド『ベルルッティ』の革靴を数多く所有しています。
1足100万円以上の商品もあるので、相当のこだわりと言えますね。
2018年時点では25足あり、レース場へは毎回必ず磨いていくと言います。
一種のげん担ぎのようにして、成績が悪かったら靴を替えたり、いいエンジンを引いたら同じ靴を選んだりするそうです。

喋ると結構面白い

下の動画を見ていただけるとわかりますが、渋いルックスとギャップが生まれるくらい喋りが面白いです。

レーサーとしてだけじゃなく、人間としても魅力が溢れていますね。

松井繁のレーススタイル

松井繁のレース展開

結果がモーターに大きく左右されるとも言われている現在のボートレースにおいても、尋常ではない強さを誇る松井繁はどの様なレース展開を繰り広げるのでしょうか?

1号艇での強さは圧倒的

進入コースは基本的には枠なりですが、イン寄りのコースが狙える時にはインを取りに来ます。アウトよりの艇番であってもイン寄りを狙ってくる程、インが得意な選手と言えます。
1号艇の時は高確率で1着を予想できる程、舟券にはほぼ確実に絡んできます。

アウトコースからでも連に絡んでくる強さ

テクニックは円熟の境地に達しており、どこからでも千変万化のレーススタイルで1着を狙ってきます。
実質、松井繁が参加するレースは常に連に絡ませて買っても良いと言えるレベルです。

松井繁の成績は?

1988年に64期訓練生として本栖研修所に入所

松井繁は1988年に64期訓練生として本栖研修所に入所しました。
養成所時代は同期生の中でも転覆が抜きん出て多く、いつ養成所を退学になるか恐れる日々を送っていたといいます。
養成期間の後半に入り実戦形式の研修を行うようになると、松井は誰よりも努力を重ね、次第に力をつけていき、服部幸男とともに訓練を積んで切磋琢磨していった結果、トップクラスの成績を収めるようになりました。

そんな松井繁のプロデビューからの成績を見ていきましょう。

デビュー戦は1989年

1989年3月24日に選手登録

1989年3月24日に選手登録をし同年5月13日に住之江競艇場でデビュー戦を飾ります。
デビューから半年でB1級、翌年にはA級へと昇格しました。

G1初優勝は1992年

デビューからわずか3年でG1での優勝を果たします。
1992年5月、戸田競艇場で行われた開設36周年記念 戸田グランプリにて1号艇、進入3コースながらも決まり手まくりで優勝しました。

1995年に賞金王決定戦に初出場

1992年にG1初優勝を果たしてからはしばらくタイトルを拝めずにいましたが、1995年2月にびわこ競艇場で開催された第38回 近畿地区選手権で2度目のG1優勝を記録、続く4月の大村競艇場で開催された開設43周年記念 海の王者決定戦で3度目のG1優勝をし、年末の賞金王決定戦に出場しました。
この年より、2004年まで10年連続出場を果たしていました。

歴史が始まる1996年

笹川賞に出場 見事優勝

前年の賞金王決定戦に出場したことで一気に全国区クラスのレーサーとなった松井繁は1996年5月に児島競艇場で開催された第23回 笹川賞に出場し、見事に優勝を果たします。
6号艇で進入6コースでの恵まれでの勝利となりましたが、これが後にSG12回優勝を成し遂げる序章となります。

また、この年は、4月7日の開設44周年記念 秩父宮妃記念杯、7月11日の開設44周年記念 京極賞においても優勝、いずれもG1タイトルです。

更に、1996年から始まった競艇SG大会のオーシャンカップ競走は記念すべき第1回の住之江大会から全ての大会で出場しており2011年大会まで唯一のオーシャン・皆勤賞でした。

脅威のSG優勝12回の系譜

SG優勝12回

絶対王者と言われる所以である、SG優勝12回の記録は、競艇選手史上でもトップクラスです。
今までの栄光を見てみましょう。

第23回 笹川賞

1996年5月に児島競艇場で開催された第23回 笹川賞の最終27日の優勝戦では6枠6コース、決まり手は恵まれで1度目の優勝をしました。

第3回 オーシャンカップ

1998年7月に三国競艇場で開催された第3回 オーシャンカップの最終20日の優勝戦では1枠1コース、決まり手は逃げで2度目のSG優勝をしました。

第14回 賞金王決定戦

1999年12月に住之江競艇場で開催された第14回 賞金王決定戦の最終23日の優勝戦では、2枠2コース、決まり手はまくりで3度目のSG優勝をしました。

第28回 笹川賞

2001年5月に浜名湖競艇場で開催された第28回 笹川賞の最終20日の優勝戦では6枠5コース、決まり手はまくり差しで4度目のSG優勝をしました。

第11回 オーシャンカップ

2006年7月に若松競艇場で開催された第11回 オーシャンカップの最終30日の優勝戦では1枠1コース、決まり手は逃げで5度目のSG優勝をしました。

第21回 賞金王決定戦

2006年12月に住之江競艇場で開催された第21回 賞金王決定戦の最終24日の優勝戦では1枠1コース、決まり手は逃げで6度目のSG優勝をしました。

第43回 総理大臣杯

2008年3月に児島競艇場で開催された第43回 総理大臣杯の最終30日の優勝戦では1枠1コース、決まり手は逃げで7度目のSG優勝をしました。

第13回 オーシャンカップ

2008年7月に蒲郡競艇場で開催された第13回 オーシャンカップの最終27日の優勝戦では1枠1コース、決まり手は逃げで8度目のSG優勝をしました。

第56回 全日本選手権

2009年10月に尼崎競艇場で開催された第56回 全日本選手権の最終13日の優勝戦では、1枠1コース、決まり手は逃げで9度目のSG優勝をしました。

第24回 賞金王決定戦

2009年12月に住之江競艇場で開催された第24回 賞金王決定戦の最終23日の優勝戦では、3枠3コース、決まり手は差しで10度目のSG優勝をしました。

第18回 オーシャンカップ

2013年7月に若松競艇場で開催された第18回 オーシャンカップの最終28日の優勝戦では、1枠1コース、決まり手は抜きで11度目のSG優勝をしました。

第49回 ボートレースクラシック(総理大臣杯)

2014年3月に尼崎競艇場で開催された第49回 ボートレースクラシック(総理大臣杯)の最終23日の優勝戦では、1枠1コース、決まり手は逃げで12度目のSG優勝をしました。

絶対王者の苦悩

オーシャンカップでのフライング

絶対王者として常に競艇界に君臨し続けている松井繁ですが、そんな彼にもやはり挫折とも言える経験があります。

2005年のオーシャンカップでのフライング

2005年7月26日から桐生競艇場で開催されたSG第10回オーシャンカップ競走の5日目、準優勝戦でフライングを喫してしまいます。
これにより、当時10年連続出場となっていた賞金王決定戦に出場が出来ませんでした。

2010年からの不振

無双モードとなっていた松井繁でしたが、2010年は笹川賞、グランドチャンピオン決定戦、オーシャンカップ、モーターボート記念と、4つのSGで連続して優出を逃してしまいます。
また、モーターボート記念では予選突破にも失敗するというある種の事件にもなったほどです。

賞金王決定戦には出場できたものの、年末大一番で優出を逃したのは、1997年以来のことでした。

2011年のSG連続予選落ち

SG優出は当たり前のレベルに到達していた絶対王者に翳りが見えたのが2011年のことです。
笹川賞、SGチャレンジカップ、グランドチャンピオン決定戦、オーシャンカップで予選落ちを喫してしまいます。

2010年からの不振は実は松井はヒザに持病を抱えており、前年にはメスを入れてもいた。それが不振の原因と取り沙汰されたりもしました。
ただ、この後、更なる栄光を手にする事になります。

SG連続出場ストップとなった2018年

2018年4月17日から福岡競艇場で開催された第19回マスターズチャンピオン2日目6Rの予選にてフライングをしてしまいます。

これにより、7月のSGオーシャンカップを選考除外となり、2012年8月のSG第58回モーターボート記念以来連続出場していたSG連続出場がストップすることになってしまいました。

まとめ

36億円を超す生涯獲得賞金

圧倒的な絶対王者の松井繁は生きるレジェンドとも言えるほどの競艇選手です。
SGV12は前人未到、36億円を超す生涯獲得賞金など、まだまだ記録を伸ばせる可能性を秘めている事実上最強のボートレーサーと言えるでしょう。
出場レースでは必ず舟券に絡めてしまいたい、そう思わせるほどの人物です。