競艇界屈指のエンターテイナー『西山貴浩』の魅力に迫る!

競艇 西山

競艇界に彗星のごとく現れた西山貴浩はその切れ味鋭いトーク力、芸人顔負けの話術とパフォーマンスで笑いを誘う稀代のエンターテイナーとして話題の人物です。そんな西山ワールドの魅力とは?

愛称はニッシーニャ?西山貴浩ってどんな人なの?生年月日や出身、相性の由来は?

ニッシーニャ

西山 貴浩(にしやまたかひろ)は1987年5月15日生まれで福島県出身の競艇選手です。
身長は169センチ、体重は52キロ、血液型はA型、所属支部は福岡で、2018年現在は満31歳です。第97期として登録、登録番号は4371、現在の級別はA1級です。
師匠として川上剛、弟弟子に仲谷颯仁がいます。

競艇選手になろうと思った理由は?

西山 貴浩

西山 貴浩がボート―レーサ―を目指すきっかけとなったのは、知り合いの電気工事士のお兄さんに子供のころ、機械いじりの面白さを教えて貰ったことと、競艇場に連れて行ってくれた父親の影響との事です。
初めて見に行ったレースは2002年8月4日に若松競艇場で開催されたオーシャンカップ最終日で、優勝戦前の9Rに6号艇の藤丸光一さんが1号艇の今垣光太郎さんをまくって勝った時に、自分が目指すのはこれだ!と心に決めたのだそう。
その後、優勝戦で植木通彦が華麗なイン逃げを決めて優勝したのを見て更に感銘を受けました。

ニッシーニャ誕生秘話

ニッシーニャ誕生秘話

西山貴浩が猫耳のコスプレをして登場するニッシーニャは神出鬼没で、必ずインタビューの際に着用しているというわけではありません。

あのキャラクターは自身で考え付いたといい、西山本人いわく

『初出しの前々日にアレを考えついて、近くのドン・キホーテにコスプレ衣装を買いにいきました。プロペラ叩いた後だったので作業着とマスク姿で。そしたらですね、レジに並んでたらちょうど自分の後ろに女性のグループが並んだんですよ。その時点でもうヒソヒソ何か言われよるんですよ(笑)。作業着着てマスクした男が猫耳とかのコスプレ衣装持ってるからですね。僕だって恥ずかしいので、賞品のパッケージを裏返しにしてレジに出したんですよ。そしたら、そのレジ店員の“前田さん”が表向きにしやがってですよ(怒)。もうぜーんぶその女性達に見られました(一同爆笑)。』

と言います。

これもあり、ボートレースファンからはニッシーニャさんですよね?と声をかけられるほどに、知名度は全国区へと押し上げられました。

貴浩西山のキャビらない話

2016年から東スポWebでボートの魅力を伝えるためにコラム連載、題して貴浩西山のキャビらない話を執筆しています。
ニッシーニャ節全開で紡がれる言葉の数々は非常に魅力的で、競艇ファンならずとも引き込まれる文章力は必見です。

競艇選手としての成績

キャビらない話

西山 貴浩は、エンターテイナーとしての側面が大きく取り沙汰されることが多いですが、それは何より実力が伴っているからこそです。
現在A1級のその実力は一体どれほどのものなのでしょうか?

やまと競艇学校時代の成績は?

同期に田中和也、土屋智則、柳生泰二らがいる97期生で、リーグ戦勝率は7.09(準優出4 優出5 第4戦優勝)の成績を残しました。
また、卒業記念競走に優出しています。

デビュー選は2005年

2005年11月18日から、若松競艇場で開催された一般戦競争の初日2Rにてデビュー戦を飾る事になります。
6号艇出場で3着という結果となりますが、4日間通して6着は一度もなしという好成績を収めます。(11月21日最終日11RではS1を記録しています)

初勝利はデビュー21戦目のこと

2005年12月24日から大村競艇場で開催された一般戦競争の最終日、1R一般にて2号艇から出場、決まり手差しで、デビュー後初勝利を飾ります。

初優勝を果たす2008年

優勝こそは出来ずとも、成績を着々と伸ばしA2級へ昇格して臨んだ2008年9月23日から若松競艇場で開催された西日本スポーツ杯争奪戦競走で初優勝を飾ります。
9月28日の最終日優勝戦を含めて、10レース中、1着7回、2着1回、3着1回、4着1回というすさまじい成績を残しました。

G3初優勝は2011年

A1級へ昇格し、順調な成績を積み重ねていった西山貴浩は2011年5月12日から三国競艇場で開催されたG3第16回ヤングヒーロー決定戦にてG3初優勝を果たします。3号艇から出場、決まり手はまくりでした。

G1初優出も2011年

G3初優勝は2011年

2011年11月3日から下関競艇場で開催された開設57周年記念G1競帝王決定戦にて初優出を果たします。優勝は逃すものの、ここで更に勢いに乗る事になります。

更に同年2011年SG初出場と初勝利を成し遂げる

2011年11月22日に大村競艇場で開催されたSG第14回チャレンジカップ競走で初日6Rで初出場、3日目の11月24日の3R予選では1号艇出場、見事な逃げでSG初勝利を飾ります。

2018年G2で初優勝

更に同年2011年SG初出場と初勝利

2018年4月10日から常滑競艇場で開催されたG2モーターボート大賞〜昭和VS平成〜でG2の初優勝を飾ります。
2号艇2コースから出場、決まり手は抜きでした。

27回にも及ぶ全優勝履歴

SG・G1の優勝経験はありませんが、A1級として活躍しているだけあり、過去に沢山の優勝経験があります。
また、1~3着に入る確率が高く、その強さは間違いなく本物です。

2008年

9月28日 若松 一般 タイトル競走

2011年

1月19日 宮島 一般 2010ライジングスター決定戦
 4月30日 若松 一般 東日本大震災被災地支援 スポーツニッポン杯GW競走
 5月17日 三国 G3 G3第16回ヤングヒーロー決定戦
 6月19日 宮島 G3 東日本大震災被災地支援競走G3新鋭リーグ第8戦
 9月 7日 住之江 G3 G3第22回アサヒビールカップ

2013年

1月18日 児島 一般 サンケイスポーツ杯
 3月23日 宮島 一般 BP呉宮島開設10周年記念
 8月 5日 常滑 一般 サマーカップ
 9月10日 福岡 一般 スカパー!杯
10月22日 大村 一般 島原半島世界ジオパーク記念 オラレ島原開設5周年

2014年

3月17日 江戸川 一般 第13回関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯
 3月30日 若松 一般 シャボン玉石けん杯争奪戦競走
 4月22日 浜名湖 一般 新東通信杯 場内予想ナンバー1決定戦
 8月22日 丸亀 一般 まるポカップ

2015年

1月19日 徳山 一般 日本財団会長杯争奪戦
 7月29日 徳山 一般 日本トーター杯争奪戦
 8月19日 若松 一般 日刊スポーツ杯お盆特選競走

2016年

5月17日 福岡 一般 九州プロレス杯

2017年

11月 3日 津 一般 津PR第3戦アラウンド33サオリーナオープン記念
12月 9日 下関 一般 川棚温泉青龍杯
12月28日 芦屋 一般 MBP日向オープン7周年記念 アシ夢カップ

2018年

3月5日 尼崎 一般 スカパー・ブロードキャスティング杯
 4月15日 常滑 G2 G2モーターボート大賞〜昭和VS平成〜
 6月27日 浜名湖 G3 G3SUZUKIスピードカップ
 7月 6日 鳴門 一般 第3回サッポロビールカップ競走
 8月17日 若松 一般 日刊スポーツ杯お盆特選競走

西山貴浩のレーススタイルは?

西山貴浩のレーススタイル

A1レーサーとして活躍している西山貴浩には川上剛選手と原田富士男選手の二人の師匠、先輩がいます。
彼らの存在無くしては今の西山貴浩は無いだろうと言えるほどに重要な人物であり、ペラやエンジンの調整、そしてレーススタイルは彼らの教えにより培われていきました。

プロペラとエンジンの調整論

練習もペラも先輩が一緒にいてくれて毎日のように教えてくれました。18歳のころはペラを叩こうとしたら怒られたこともあり、若い頃はまともに叩かせてもらえなかったのですが、技術を見て盗んだことで、自然と叩かせてもらえるようになったとのこと。
エンジン整備をする際に心掛けている事は、とにかく整備士さんにアドバイスを受けることだそうです。
調整で1番求める足は、行き足~出足で乗り心地を求め、これが無いとレースにならないと言っています。

全国の競艇場で得意、不得意な水面は?

最も得意とするの若松競艇場で、苦手なのは戸田競艇場で、特に戸田は狭いから、スタートの時に包まれるのが嫌なんだそう。狭さという話だけだと、若松も狭い方なのですが、デビュー前からずっと若松の景色をイメージしながら訓練をしてきていたこと、1番好きだということで得意としています。

得意なコースとは?

インでの成績が非常に良い為、1コースは大の得意ですが、3コースは苦手意識あり。ただ、最近は3コースから連に絡めるようにと勉強を重ね、意識して走るようになり、成績が上昇しています。

西山貴浩の好きな決まり手って?

インタビューでは恵まれ、抜き、差しの順番で好きですねと答え、笑いを誘いつつ、抜きが一番好きと答えています。
前を走る人を抜くのはやはり爽快感があるみたいですね。

早朝とナイターはどっちが好きか?

早朝レースは朝ゆっくり眠れないのであまり好きではなく、本人自身が夜行性と認めるほどにナイターのほうがしっくりきます。

まとめ

SGクラシックの出場権を手にした西山貴浩

2019年3月の戸田で開催されるSGクラシックの出場権を手にした西山貴浩が狙うは、やはりG1とSGの初優勝タイトルですよね。
既に実力は伴っている事から、勝負は時の運とも言える部分をしっかりと引き当て、タイトル制覇でのニッシーニャ降臨に期待したいです。