水上のイケメン戦士こと篠崎仁志!競艇界の甘いマスクに女性ファンも釘付け!?

競艇 篠崎仁志

篠崎仁志選手は同じ競艇選手である篠崎元志(しのざき もとし)を兄として持ち、兄弟で競艇選手として活躍しています。

競艇選手 篠崎 仁志(しのざき ひとし)とはどんな人なの?

篠崎仁志選手は、デビュー時には兄以上の逸材とも言われました。将来は、最強の兄弟になることは間違いなく、現時点では猛然と兄の背中を追う強い志を持っている選手です。
スタート力も、才能とセンスがあり、速攻劇がすごい魅力の選手です。

篠崎仁志選手の座右の銘でもある【大胆かつ繊細】という高い技術でボートレースの勝負をする事ができる上に、繊細なコントロールができる選手です。

生年月日について

篠崎仁志 生年月日

1987年12月3日生まれで、福岡県福岡市東区出身で福岡支部所属の競艇選手です。

2019年3月現在、31歳です。19歳の時に出会った、一般人女性の【祥子さん】と25歳の時に結婚しており、祥子さんは、その直後に長女の【美来ちゃん】を出産しています。

その後、長男も産まれ、現在は、二人のお子様の育児もされています。

篠崎仁志選手は、福岡県立香椎工業高等学校卒業後、やまと競艇学校に入校します。

登録番号4477 身長166cm 血液型A型 登録期101期 級別A1級です。

競艇選手になったきっかけ

篠崎仁志選手は、インタビューで率直な意見を述べています。
競艇選手になったきっかけは、なんと、「高収入を得たかったから」と半分冗談を加えながら、正直に回答をしています。またそれに合わせて、「やはり兄貴がいますからね」と助言を加えていました。

常に兄の背中をみて、ボートレーサーとして熱い部分を持っている反面、インタビューでは、非常にユーモラスで気さくな選手です。

趣味や好きなものについて

趣味や好きなものについて

篠崎仁志選手は趣味について、「バスフィッシング、体感トレーニング、ボクシング観戦です。仕事に通じるものがありますね」と回答しています。

さらに、好きな芸能人は「キムタクさん。僕の永遠のスターです」と語っており、憧れがあるようです。テレビ番組では、バラエティ番組が好きで、「ダウンタウンさんの本音でハシゴ酒」をよく見るそうです。「酒入ったトークが面白いですよね」と回答していました。

1-5.篠崎仁志選手のトレーニングについて
篠崎仁志選手は、兄弟そろって、トレーニングを欠かさない事が有名です。

筋肉トレーニングと体幹トレーニングを重点的におこない、怪我をしにくい身体を常に心がけ、その肉体こそが、ボートレースに対する強い精神力を繋がるそうです。

イケメンの容姿に加え、筋肉質の肉体に、女性ファンからの強い支持を、高くしています。

篠崎元志(しのざき もとし)選手について

兄弟で、競艇選手として活躍する篠崎兄弟です。お兄さんである篠崎元志選手も、凄い選手です。

篠崎元志

右側がお兄さんの、篠崎 元志(しのざき もとし)選手です。
登録番号4350
生年月日1986年2月28日生まれ
身長169cm 体重55kg 血液型A型
兄弟で福岡支部に所属しています。
登録期96期 級別A1級 です。

主なタイトル一覧

【SG】
第27回賞金王シリーズ戦(ボートレース住之江)
第61回ボートレースメモリアル(ボートレース蒲郡)
【G1】
開設59周年記念G1びわこ大賞(ボートレースびわこ)
第58回トーキョー・ベイ・カップ(ボートレース平和島)
開設58周年記念ウェイキーカップ(ボートレース多摩川)
開設57周年記念赤城雷神杯(ボートレース桐生)
開設63周年記念全日本覇者決定戦(ボートレース若松)
開設64周年記念つつじ賞王座決定戦(ボートレース津)
G1第44回高松宮記念特別競走(ボートレース住之江)
【G2】
2013年モーターボート大賞(ボートレース尼崎)

2018年5月のG1宮島周年に出場後、怪我のため長期欠場しています。

復帰場所となった10月の蒲郡SG第65回ボートレースダービーで優出しますが、出走回数不足のため、2019年前期はB2級へ降格となっております。

賞金について

]
2019年篠原仁志選手の賞金情報ですが、現在13位の1163万7000円で、素晴らしい成績を残しています。

また、昨年の2018年1月1日から12月31日の賞金総額は、5085万9000円と一年間を通しても、35位の成績を残しており、30代の選手では上位の選手ということが分かります。

競艇選手としての経歴

競艇選手としての経歴

やまと競艇学校時代にリーグ戦勝率8.08(準優出7 優出6 第7戦・第8戦優勝)の成績を残して、卒業記念競走で優勝しました。
リーグ戦勝率も第1位という高成績を残しています。

2007年11月10日には、福岡競艇場でデビューするが転覆失格になってしまいます。

2008年4月2日に、大村競艇場で「西スポ杯 大村桜祭り競走」初日2Rで初勝利します。(67走目)
2009年12月16日に、徳山競艇場で「携帯マクール杯 G3MB大賞トライアル」で初優出になります。(3着)
2010年2月23日に、徳山競艇場で「G1MB大賞」にてG1初出場を果たしました。
2010年9月28日に、福岡競艇場で「G3新鋭リーグ第16戦 植木通彦フェニックスカップ」で見事、初優勝をします。(優出10回目)。
2012年8月5日に、鳴門競艇場で「G3第12回オロナミンCカップ」において、企業杯初優勝を飾ることが出来ました。
2013年6月4日に、尼崎競艇場で「G1第61回尼崎センプルカップ」でG1初優出になります。(3着)
2013年9月23日に、桐生競艇場で「G1共同通信社杯第28回新鋭王座決定戦」でG1初優勝をします。
「G1ヤングダービー」が新設されることに伴い、新鋭王座が廃止されることが決定したため、今大会が最後の大会となった(ヤングダービーは新設と同じ扱いのため、「前年度優勝者」としての優先出場権獲得とはなりませんでした。

2016年11月26日に、大村競艇場のSG第19回競艇王チャレンジカップ準優勝戦10Rで、5コースから2着に入りを果たし、SG出場17回目・準優9回目の挑戦にして遂にSG初優出を遂げることができました。

11月27日に行われた優勝戦は、6号艇で出走し、6コースから展開に惜しくも恵まれず4着になってしまいます。

2017年6月25日では、鳴門競艇場に開催された第27回グランドチャンピオン決定戦で、2度目のSG優出を果たしますが、4コースカド位置から差しのハンドルを入れ、熱いレースをするが、優勝戦は2着でした。

タイトル一覧

【SG】
無し(優出2回)

【G1】

2013年9月23日、28回新鋭王座(桐生)
(2着、中嶋健一郎。3着、桐生順平。なお前田将太は不完走失格、片岡雅裕は落水失格、中田竜太は転覆失格)
2013年11月4日、 福岡60周年
2016年9月6日、多摩川62周年

【G2】

2016年10月23日、唐津MB大賞
2016年11月18日、芦屋MB大賞

篠崎仁志選手の特徴を解析

競艇 篠崎 特徴

篠原仁志選手の進入は、基本的に枠なり進入で、どのコースからのスタートでも、1着を狙える実力を持っています。

しかし、通の間ではSG級のトップレーサーと渡り歩く実力はまだ備わってはいないという意見が多いようです。

篠原仁志選手の、平均スタートタイミングは0.14で、比較的早めのスタートタイミングとなっています。

篠原仁志選手は、まだSG競走での優勝歴はないものの、コンスタントに出場し、優出するといった活躍をしているので、良いモーターを引き当てた節のレースの時は面白いんじゃないでしょうか。

篠崎仁志選手自身も、得意なコースは「インコース」だと語っています。

直近6か月(2018年9月15日時点)の成績をチェックすると、1号艇での勝率は73.3%です。

インコースを得意とする篠崎仁志選手が、1号艇の時は繊細な旋回技術と、気迫溢れるスタートで、着順上位に絡ませる事ができそうですね。

過去の怪我について

篠原仁志選手は、2018年1月に開催された唐津のG1レースで、他の出場選手から接触され、弾き飛ばされました。自身も怪我により、リズムは良くないことを、インタビューで話していました。

大怪我というと、兄の篠崎元志さんが2016年にレース中に後続艇に追突されて、負傷したことが話題になりました。

なんと、肋骨6本と腰椎横突起骨2カ所を骨折してしまい、左肺挫傷で呼吸ができない状態だったそうです。この事故後、見事復活されましたが、2018年には、公傷によりSGオールスターとSGグラチャンを欠場されました。

ボートレースを見たことが無い方には、あまり想像がつかないかも知れませんが、ボートレースはとても激しく、レース中の事故により大怪我をしてしまう選手も少なくありません。

こんな大事故で怪我をしても、恐れずレースに復帰し、活躍できる強い精神力があるのは篠原仁志選手が一流選手だからだと思います。

まとめ

ボートレーサー 篠崎仁志

競艇界で兄弟同士、切磋琢磨しながら、常に精神的プレッシャーと肉体的疲労を乗り越え、誰よりも速く、大胆で繊細なレースを追求し続ける篠崎仁志選手。

生まれ持った才能と、運動神経の良い小柄な体型を生かして、ボートレース界に旋風を巻き起こしていると思います。

まだ31歳と若いですが、これから色々な経験を重ねて、沢山のレースを重ねていく篠崎仁志選手。SGで優勝をする日も近いと思います。

常に兄弟で、成績を比べられる事から、負けず嫌いの精神が向上し、気がついた時には兄弟揃って上位のボートレーサーになっています。

もっともっと、成長する篠崎仁志選手の活躍と、大きなる躍進に期待したいと思います。