銀河系軍団の85期で活躍する競艇選手、田口節子の魅力はいかに!?

投稿日:2019年4月9日
最終更新日:
競艇 田口節子

田口節子(たぐち せつこ)1981年1月14日に岡山県で産まれます。岡山県出身のボートレーサーです。 登録番号4050。85期。岡山支部所属。妹は、中ノ森BANDのYUCCOこと田口裕美子として活躍しています。身長は162cm、体重45kg、血液型はAB型です。

田口節子(たぐち せつこ)選手とはどんな選手?

田口節子選手は、デビュー当初フライングが非常に多かった選手です。
開会式の選手紹介で、中ノ森BANDの宣伝をする事があるが、どちらかというと、田口本人よりも、松瀬弘美や金田幸子の方が中ノ森BANDの曲を歌ったりと宣伝熱心でした。
85期は「銀河系軍団」と呼ばれており、選手のウェアには「銀河系軍団」とプリントされているものを、ほぼ全員が着用することもあります。

獲得したタイトルについて

田口節子 獲得したタイトル

【G1】

2011年3月6日に第24回女子王座決定戦(三国競艇場)で優勝します。
2012年3月4日に第25回女子王座決定戦(多摩川競艇場)で優勝します。

競艇選手の経歴は?

1999年11月10日に下関競艇場「一般競走」2Rでデビューし、2着で結果を残します。
1999年12月に児島競艇場で初勝利を獲得します。
2002年2月26日には、徳山競艇場女子王座決定戦競走でG1初出場を果たします。

2003年11月18日は、琵琶湖競艇場女子リーグで初優勝をします。
2004年2月に、平和島競艇場一般競走で混合戦初優勝をします。
2005年3月6日は、大村競艇場「第15回JAL女子王座決定戦競走」で、G1初優出を果たします。

2005年5月24日には、常滑競艇場「第32回笹川賞」でファン投票で、8557票を集め、SG初出場をします。
2006年末から2007年初めにかけて負傷で長期欠場出走不足してしまい、2007年後期はB級暮らしとなってしまいます。

2007年5月31日に、住之江競艇場「第34回笹川賞」3日目にSG初勝利をします。
2008年後期以降は、A1級を維持して10年前期級別審査期間 (09年5〜10月) 女子の最高勝率選手に選ばれます。
2011年3月6日は、三国競艇場「第24回JAL女子王座決定戦競走」でG1初優勝を成し遂げます。
2012年3月4日には、多摩川競艇場「第25回 女子王座決定戦競走」で2連覇達成します。

2014年は同支部同期の田中健太郎と結婚。同年の児島周年記念競走を最後に出産のため長期欠場に入ります。
現在では女子戦中心選手として活躍し、男女混合の一般戦でも3度優勝するなど、若手女子選手の第一人者となりました。

田口節子選手の弟子について

女性ボートレーサーとして、男性に混じりながらも勝利を収める実力を持つ田口節子選手。

そんな田口節子さんのことですから、弟子はいるのではと思っている方はたくさんいると思います。ボートレーサーは弟子を持つ方が非常に多く、選手を調べる際は誰の弟子であるかもファンの中では有名な話です。

田口節子さんには、樋口由加里さんと赤井陸さんを弟子に持っています。この2人も女性ボートレーサーとして活躍する選手です。赤井陸さんにとって、樋口由加里さんは姉弟子になるみたいです。田口節子さんがボートレースの第1線で活躍していることもあり、弟子2人も非常にいい成績を残しています。いつかは田口節子さんの成績を超える活躍をして欲しいと思います。

田口節子選手の弟子

樋口 由加里(ひぐち ゆかり)1988年1月19日 に岡山で生まれます。そのまま岡山県出身の競艇選手になります。登録番号4501、身長143cmは血液型B型です。
登録期は102期で、岡山支部所属しています。

樋口由加里

赤井睦(あかい むつみ)登録番号4733の徳島支部に所属する選手です。
生年月日は、1989年05月03日で、身長161cm、体重51kg、血液型B型です。
出身地は岡山県で、登録期は111期です。級別B2級になります。

元旦那について

田口選手は、同じくボートレーサーの田中健太郎と結婚していました。

田中健太郎

田中 健太郎(たなか けんたろう)
生年月日は1978年12月14日生まれで、岡山県に生まれ、そのまま岡山支部の競艇選手です。身長は167cm、体重56kg、血液型はA型です。
登録期85期、登録番号4038で、級別はB1級に所属しています。

田口選手の元夫、田中健太郎逮捕について

その時の記事を下記に抜粋しました。尚、現在は離婚してます。(2019年現在)

田中健太郎 逮捕

2015年12月岡山県警は、窃盗の疑いで岡山市北区神田町1丁目、ボートレーサーの田口健太郎容疑者(37)を逮捕した。「私は盗んでいません」と容疑を否認している。

日本モーターボート競走会によると、田口容疑者は4段階あるクラスのうち下から2番目のB1級の選手。登録名は結婚前の田中姓を使用している。妻は2011、2012年にレディースチャンピオンを優勝するなど、女子トップ選手の田口節子。

逮捕容疑は昨年12月8日午後10時半ごろ、岡山市北区のコンビニに駐輪してあった同県和気町の女性会社員(28)の自転車の前籠から、買ったばかりの女性用長袖シャツ(約7千円)を盗んだ疑い。

県警によると、コンビニの防犯カメラの映像などから田口容疑者が浮上した。田口容疑者は女性と面識はなく、酒に酔っていたという。

上記の報道がされてから、成績不振や信用問題の事もあり、現在は離婚しています。
長期的に罰則があるとファンは心配しましたが、2016年02月22日に徳山競艇「マンスリーBOAT RACE杯争奪戦」で5レースから復活しています。

期別成績について

田口節子 期別成績

勝率6.53
2連対率47.60%
3連対率68.22%
出走回数107回
優出回数5回
優勝回数1回
平均スタートタイミング0.20
フライング回数 1回
出遅れ回数(選手責任)0回
能力指数55
1着 29.0%(31回)
2着 18.7%(20回)
3着 20.6%(22回)
4着 10.3%(11回)
5着 14.0%(15回)
6着 6.5%(7回)

田口選手の性格について

男性とのレースでも勝利してしまう田口節子選手は人1倍負けず嫌いだそうです。その為相手が男性であったとしても、負けたくないという気持ちがあるそうで相当の努力をしているようです。

その為、事故と噂された妨害行為を行ってしまったのかもしれません。また田中健太郎選手と離婚する際に言ったとされる言葉も負けず嫌いという性格から出た言葉かと思います。
プロであれば負けず嫌いという性格は非常に大事かと思います。また出産した後にレースで勝てたのも性格のおかげかもしれません。出産したからと理由にはしたくない負けず嫌いの性格はとても強い精神力がなければ出来ないと思います。

田口選手の出産について

田口節子選手は2014年に出産の為、長期欠場をするとネット上で公開されています。そのことから出産していることは間違いないと思われます。更には田中健太郎選手と離婚していることから現在はシングルマザーとして子供を育てていることになります。

子供を出産しても田中健太郎選手がいると思っていたことかと思いますが、田口節子選手から離婚を申し出たとのことなので、出産した子供の為にもボートレースへ復活したのかもしれません。しかも出産し長期欠場したのにも関わらず、復帰後白星を上げている田中節子選手。出産した後のレースは大変なものに違いありませんが、努力と才能が白星へと導いたと思います。

過去の事故について

田口節子選手を検索する上で事故という文字が目に入ります。そのことから田口節子選手が事故をしていたのかと気になっている人が多いようです。実際に田口節子選手は事故をしていたのでしょうか。

田口節子選手は、2006年度のレースで負傷しています。そのきっかけとなったのが、レース中に妨害したことだったそうです。大きな事故とはなりませんでしたが、田口節子選手はとても反省したようです。
また2015年には、85期生の同期がレース中の事故で死亡しているようです。命を掛けてのレースをしていることから出産した子供の為にも安全には充分気をつけて欲しいです。

まとめ

ボートレーサー 田口節子

競艇界の85期で銀河系軍団ともいわれている、田口節子選手は結婚、出産、離婚、そして事故と様々な経験を持つ選手ということが分かりました。

様々な情報を確認する上で、持ち前の負けず嫌いな性格を武器に数々の成績を残してきたと言えます。

彼女のような、巧みなセンスと、精神力の強さが上位で競艇選手として活躍出来る源になっているのだと思います。
田口選手も田口選手の弟子も含め、今後の不屈の精神力でレースで活躍する姿をみていきたいと思います。