競艇でトリガミしない為の確実な3つの方法まとめ

競艇 トリガミ

ボートレース(競艇)に限らず、ギャンブル用語として「トリガミ」、または「ガミる」という言葉が隠語として存在し、広く一般的に周知されています。ギャンブルをされている方なら一度は聞いたことがある言葉だと思います。

トリガミとは?

「トリガミ」の意味は、「舟券は当たっているのに、金額ではマイナスとして損をしている状態」のことを指します。
例えば、1レースで10,000円の舟券を購入して、予想が当たり的中したけれど払戻金が7,000円で、購入した金額よりも戻ってきた金額が少なく、当たったのに損をした状態のことをトリガミと言います。
これは、誰しもが経験があると思いますが、競艇や競馬は考えれば考えるほど点数が増えていく傾向にあります。自分の本命を軸に、万が一に備えてこの艇も、あの予想家がオススメしていた艇も、順番を入れ替えて、などを繰り返していると、いつのまにか購入点数が増え、当たってもトリガミになってしまうことが多々あります。せっかく的中したのに収支がマイナスになってしまっては、回収率も上がりません。的中率が良くても回収率が悪ければ何も意味がないのです。
ここでは、ボートレースにおけるトリガミを避ける方法や、トリガミになりづらい予想の買い方、またトリガミの語源などについて、ご紹介していきます。

トリガミの語源

トリガミとは?

トリガミの語源は、「損をした」ことをあらわす「ガミを食う」から発生しています。

「舟券を取った(当たった)のに、ガミを食った」
    ↓
「取ったのにガミを食った」
    ↓
「トリガミ」

となったようです。使い方としては「この予想だとトリガミになる。」「さっきのレースでガミった。」というニュアンスで使用されることが多いです。

ちなみに「ガミを食う」の語源は、ことわざの「粋(すい)が身を食う」から来ています。このことわざは、遊里や花柳界などの事情に詳しくて、もてはやされ得意になっている人は、やがて深入りし身を滅ぼしてしまうという戒めから来ています。対義語として「芸は身を助ける」などがあります。
私もこの単語を知る前は、当たっているのに負けている状態をうまく表現できず、共通認識の単語があれば良いのにと考えていましたが、普通にこの言葉は一般的に認知されていて、ただの勉強不足だったというのを痛感しました。

何故トリガミが発生するのか?

ガミを食う

トリガミは1点のみの購入では起こりません。舟券を1点買いした場合は、的中した場合に必ず元が取れます。トリガミは、主にボックス買いや本命が多めのフォーメーション買いのときに発生しやすく、トリガミが頻繁に発生している人は、あまり舟券の買い方の効率が良くないので、自分の購入方法を見直す必要があります。

ボートレースの3連単は全部で120通りです。他の公営ギャンブルと比較すると非常に当てやすくなっているという特徴がありますが、さすがにこれを1点で当てるのは難しいので、多くの人は、3~10点ほどの複数の買い目で予想します。買い目が増えれば増えるほど当たる確率は高くなりますが、同時に外れの舟券も大量に発生していきます。

冒頭でも述べましたが、人の心理状況として、予想を考えれば考えるほど買い目の点数が増えてしまう傾向があります。予想新聞や雑誌の情報、インターネットの情報、有名な予想家の買い目、自分の誕生日などのラッキーナンバー、巷に溢れる情報を見れば見るほどあの買い目もこの買い目も念のために入れておこうという心理が働き、トリガミが発生する確率がどんどん上がっていくのです。

トリガミは悪いことなのか?

結果的にトリガミになる

オッズをあまり見ずに舟券を購入して、結果的にトリガミになる買い目が的中する場合もあるでしょうし、レースによっては事前にトリガミになるのが分かっていても、万が一投資した金額の全額を失うのは怖いので、トリガミになっても多少戻ってくる保険的な意味合いで買う場合もあると思います。しかし、そんな計算とは裏腹に保険のトリガミの買い目すら当たらず大外れをやらかして、こんなことなら保険のトリガミの買い目を買わなければ良かったと後悔することも多いですよね。

ちなみに、私の買い方はトリガミを気にせずに本命サイドを入れつつ穴の艇も入れてフォーメーションで購入することが多いです。この思考としては穴がくれば配当としても美味しく、来なくても本命サイドで的中させてトリガミになったとしても負けを減らすという思考です。一挙両得と取るか、どっちつかずの優柔不断な買い方と取るかは、人それぞれだと思いますが、当然のように的中率は上がりますが回収率は下がります。そして、私は負けています。

私のように、保険的な意味合いでトリガミ舟券を購入する方は多いと思います。
実際にトリガミは良いことなのか、悪い事なのか、この記事を執筆するに当たり色々な方の意見をインターネットなどで見てみました。

総合的かつ客観的に見て、「トリガミになる買い目は買わないほうが良い」という意見を持つ方が大多数でした。
その理由としては、ボートレースで長期的に勝つ、回収率をあげるためには、本命の買い目だけを買っていては駄目だという理論があります。中穴・大穴の買い目をコンスタントに取ることで、回収率を上げ長期的に勝っていけるというのが、大多数のプロの意見と言えます。トリガミになる買い目=本命サイドの買い目ということになり、そこを買い目を避けることが重要になります。保険としてトリガミの買い目を入れたくなる気持ちは私も分かりますが、そこはグっと我慢して外すことで、長期的に見るとプラスになりやすくなるみたいですね。
私も今後は保険トリガミ買い目は外して勝負していくようにします。

トリガミにならない為の3つの方法

トリガミを回避

トリガミを回避する為にはいくつかの方法がありますが、ここでは確実に実行できる3つの方法をお伝えします。トリガミ回避の参考にしてみてください。

購入点数を減らす
オッズの低い買い目を厚めに買う
流しやフォーメーションの舟券にする

この3つの方法があげられます。それぞれの詳細を確認していきましょう。

購入点数を減らす

購入点数を減らす

これは当然のことですが、購入点数を減らすことがトリガミにならない為の最低条件と言えます。先ほども記述した通り、保険のトリガミの買い目を入れないことなどが大事になります。ボートレース初心者やなかなか勝てないという方は、一度自分の購入点数を決め打ちしてしまうのも良いかもしれません。1レース毎に10点まで、トリガミになる舟券は購入しないという約束事を決めておくのが、勝率アップのカギとなります。

オッズの低い買い目を厚めに買う

オッズの低い買い目を厚めに買う

この方法は割と定番中の定番ですね。オッズの低い買い目に投資金を厚めに入れることで、的中ジにトリガミになることを防げます。

例えば下記の買い目を3点購入する場合に、それぞれ1,000円ずつ合計3,000円で勝負したとします。

1-2 オッズ2.0倍×1,000円 = 的中時の払戻金2,000円
1-5 オッズ3.0倍×1,000円 = 的中時の払戻金3,000円
1-6 オッズ6.0倍×1,000円 = 的中時の払戻金6,000円

1-2で的中の場合は1,000円のマイナスでトリガミ、1-5はとんとん、1-6は3,000円のプラスとなりますよね。これを購入金額の配分を変えることでトリガミを無くすことができます。

1-2 オッズ2.0倍×1,500円 = 的中時の払戻金3,000円
1-5 オッズ3.0倍×1,000円 = 的中時の払戻金3,000円
1-6 オッズ6.0倍× 500円 = 的中時の払戻金3,000円

上記のように投資金額の配分にすると、トリガミを防ぐことができます。ただ、実際にこのようなバランスで買うとプラスマイナスゼロなので全く意味がないですが、あくまで例題ですのでご参考までに。

流しやフォーメーションの舟券にする

流しやフォーメーションの舟券

一般的にトリガミが多くなる買い方はボックス買いと言われています。普段ボックス買いをしていてトリガミに悩んでいる方は、流しやフォーメーションの舟券へのシフトチェンジを考えてみても良いでしょう。ボックスよりも点数が減らせて、さらに穴を入れやすくなったりもします。買い方を色々模索してみてくださいね。

まとめ

トリガミは悪いものではない

ボートレース(競艇)のトリガミについて、様々な角度から詳細をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
トリガミをしてしまう舟券の買い方については、悪いことだと結論ずけている方のほうが多かったですが、少数派ですがトリガミは悪いものではないと考えている方もいらっしゃいます。
実際に自分で築き上げたスタイル上で、トリガミの良し悪しを判断していくのが良いと思います。