競艇に八百長は存在する?やらせのデキレースは都市伝説なのか?

競艇 八百長

八百長とは、真剣に勝負を競うように見せかけ、実は前もって約束しておいた通りに結末をつけることで、なれ合いで事を運ぶことを指します。いわば出来レースで、競艇以外に競馬や競輪の公営ギャンブルや、野球や相撲やサッカーなどのスポーツでも八百長の話題はつきものです。八百長が何故おきるのかは、殆どの理由でお金が絡んできます。

競艇に八百長は存在する?

競艇でも過去に八百長の事件が複数回起きています。その事件録を見る限り八百長は存在していた模様です。現在は八百長阻止の為にかなりの防止策が取られており、ひと昔前よりも八百長を仕掛ける側も仕掛けづらい状況となっています。

恐らく現状のボートレース界では八百長は無いとは思いますが、ゼロと言い切れないのも事実です。これは「悪魔の証明」と一緒で、いわゆる悪魔が存在しないという事を証明するのはできないのと同様に、競艇で八百長が存在しないとは証明しきれないのです。少なからず過去に八百長事件があったのは明白なので、その疑惑は人々の頭の中からは消せないでしょう。ボートレース界も昨今では有名タレントをイメージキャラクターに起用したり、ボートレース場でイベントを開催し家族連れやカップルが訪れやすいようにしたり、様々な取り組みを行いクリーンなイメージを打ち立てようとしています。そのような現状で八百長などがあるとは信じたくはないですが、時折疑惑のレースと言われるものが出て来たりもします。

このページでは、競艇における八百長の概念や過去の八百長の事件などを徹底的に調査して記事としてまとめています。競艇と八百長の因果関係を知るご参考までにお読みいただければ幸いです。

八百長の種類の考察

八百長の種類

ひと口に八百長と言っても、その仕掛ける方法や望む結果によって様々な種類が存在すると言えます。相撲のように1対1で勝敗が決するスポーツの場合は、どちらか一方の選手を抱え込めば八百長は成立しまし、確実ではないですが野球ではピッチャーを抱え込めば八百長がしやすいと言われています。しかし、6艇で競うボートレースではそうはいきません。一人の選手だけを抱え込んでも、レースの展開自体を決する決め手にはなりにくいです。もちろん、その選手に勝ちを諦めさせるなどの場合には、予想の組み立てはしやすくはなりますが、その選手が1番人気が付くような有力な選手でもない限りは、八百長をする意味がないくらいのオッズでの勝負になってしまいます。八百長というリスクを冒すからには、大きな儲けがないと無意味となってしまいます。そして、ボートレースでの大きな儲けとは人気薄の艇の予想を当てることにあります。

上記のことを踏まえ、八百長を仕掛ける場合にまず思いつく方法が二つ存在します。

ボートレーサーを抱え込む
会場関係者を抱え込む

他にも八百長の仕掛け方や種類はあるかもしれませんが、この2点について考察していきましょう。

ボートレーサーを抱え込む

ボートレーサーを抱え込む

八百長を仕掛けるにあたり1番最初に頭に浮かぶのがボートレーサーを何らかの方法で抱え込むことです。ただし、デビューしたての新人レーサーや負けが多いB2級のレーサーを抱え込んでも仕方がありません。ある程度実力があり人気が出やすいレーサーでなければ、レース結果を操作しにくいからです。また、競艇は6艇で競うモータースポーツなので最低でも3人のレーサーを抱え込んでおきたいですね。3人が仕組めばかなりの高確率でレース結果を操作することは可能になるでしょう。ただし、抱え込む人数が増えれば増えるほどリスクも増しますので、それ相応の見返りが必要となりあまり現実的ではないですね。

会場関係者を抱え込む

会場関係者を抱え込む

ボートレーサーではなく各競艇場の関係者を抱え込む方法もあります。現在ではかなりチェックが厳しいので難しいとは思いますが、ボートのエンジンやペラに細工したり、選手の調子などの情報を提供したりという方法が思いつきますね。完全なレース結果の予想というよりは、ボートに細工することでその選手の着順を下げたり、選手の調子を知る事で、インサイダー情報を流したりできます。ボートレーサーも関係者もレース前は外部との接触は遮断されますが、それも人間の作る仕組みですので絶対ではありません。抜け穴た盲点は必ず存在しますので、このような方法の八百長も考えられますよね。

競艇のヤリ・ヤラズと人間関係

競艇のヤリ・ヤラズと人間関係

競馬用語ですが「ヤリ」「ヤラズ」という単語に聞き覚えはないでしょうか。「ヤリ」は1着になるため、あるいは1つでも上の着順を目指す為にベストを尽くしている状態です。逆に「ヤラズ」とは、騎手が追うのをすぐに諦めて勝つことを放棄している状態です。この「ヤラズ」行為は、競走馬の調子がレース当日に万全ではなくレース前から上位争いが難しいと騎手や調教師が判断した時に起ります。つまり、調子が悪く勝ち負けができる状態ではないから、無理に追って怪我はさせないようにしようという正当な判断です。わざと負けるという事ではないので八百長とは違いますが、その馬に賭けていた人に取ってはベストを尽くさない走りは八百長と見えてしまうかもしれませんね。

競艇にもこの「ヤリ」「ヤラズ」のような行為が存在しています。競馬も同様ですが、競艇ではかなり狭い範囲での人間関係が存在します。競艇学校時代の同期であったり、同じ支部の先輩・後輩、師匠と弟子、さらには競艇選手同士で結婚するカップルも多いので伴侶だったり、兄弟・姉妹関係も存在します。
競艇で有利なインコースを先輩に譲るというのは有名な話です。また、自分のボートのモーターエンジンの調子がいま一つで勝ちは無理だと思った時に、自分の知り合いや関係者の艇が有利になるようなレース展開を暗黙の了解でしたりもします。

ただし、これは人間の心理状況として致し方ない部分ですし、このあたりの人間関係を考えながら予想を組み立てるのも競艇の醍醐味と言えます。
もちろんレーサー同士が相談して「このレースはこうしよう」と決めたら、それは八百長になりますが、心の中で思って実行することは八百長ではありません。
引退レースで、引退レーサーに勝ちを譲ろうと思う人もいれば最後だからこそ真剣勝負と思う選手もいます。そのあたりの人間の心の機微も考えると、予想にも深みが出てきます。

競艇で八百長があった過去の事件

過去の事件

それでは次に過去に競艇で八百長があった事件の一部をご紹介していきます。

大村競艇の八百長事件で3選手が逮捕

1988年に長崎県の大村市にある大村競艇場(現:ボートレース大村)で3人の競艇選手が逮捕される事件がありました。3人の競艇選手は八百長レースを仕組むために正式重量よりも軽く加工した不正ペラを共有したという事件です。この不正はかなり常習的に行われていたようですね。興味があったら調べてみてください。

平田忠則選手の通信機器持ち込み事件

2004年に平田忠則選手が選手宿舎に電子手帳を持ち込んで1年間の出場停止処分となりました。競艇選手はレース開催期間中は八百長防止の為に外部との接触を禁止されています。その規則を知りながら平田選手は電子手帳で奥さんとメールをしていたそうです。
このような事件を見るとバレていないだけで、電子機器を持ち込んで外部と連絡を取っている選手がいるのではないかと疑ってしまいますよね。もちろん現在はかなり厳重になっているのと、処分が厳しくなっているので持ち込む選手はいないとは思いますが…。

江戸川競艇場で職員が舟券を大量購入

江戸川競艇場の関係者幹部が1982年から1984年の2年間にわたり舟券発売が締め切られた後に部下の職員に指示して的中を見越して大量の舟券を発行していた事件です。2年間で約2200万円が不正に支払われていたということで当時大問題になりました。この犯行は単独では難しい犯行で、組織ぐるみではないかと疑われていました。多くのボートレースファンを裏切った行為で到底許せるものではありませんが、判決は懲役1年10か月で比較的軽いと思われるものになりました。江戸川競艇場はこの事件を受けて3か月半の自粛をしています。八百長というよりは不正受給というかシステムの盲点を突く詐欺のような案件ですね。現在はシステムも見直されこのような犯行が行われないように対策されています。

まとめ

八百長は無いと言っても良い

ボートレースでは過去には少なからず八百長と呼ばれる事件がありました。しかし現在ではそのリスクの高さや八百長防止策での対応が細かくされているので、八百長は無いと言っても良いでしょう。ただこのページでも書いている通り、絶対に八百長は無いという証明はできないので、はっきりとは断言できません。
ただ、現在で八百長を疑う声が上がるのは負けた人の言い訳であることが殆どです。自分の大切なお金をかけて時間もかけて予想した舟券がハズレたら、確かに何かのせいにしたくなりますよね。その気持ちは分かりますが、自分の予想がハズレたのを八百長だと声高に叫ぶということは、自分の予想が下手くそだと公言しているようなものなので止めておきましょう。